月1万円で高田暮らし!?お試し滞在で、自分に合う暮らしを探してみませんか?
もっと見る arrow

移住してみたいけど、少しの滞在ではどんな雰囲気かわからない。リアルな暮らしを体験しつつ、しっかり検討してから移住したい。
そんな思いをお持ちのあなたに「陸前高田お試し居住」のご案内です。
最大1年間、月1万円で30万円相当の家具家電付きの市営住宅に住むことができるので、身軽に移住先での暮らしをスタートできます。

\こんな方におすすめ/
・なるべく費用を抑えて引っ越したい方
・移住先のことをちゃんと知ってから移住したい方
・移住に興味はあるものの、なかなか踏み出せない方

移住者が多く、自然豊かな“ポジティブな過疎地”

東北の中では比較的な温暖な気候で、夏は関東や内陸よりも涼しく、冬は雪かきがほぼ必要ないことも魅力の一つ。
もちろん気温的に寒いことは間違いありませんが、雪国のイメージを持たれている方からすると、驚かれるかもしれません。
陸前高田は多彩な伝統文化が根付き、車を30分も走らせれば海・山・川などの豊かな自然や温泉にアクセス可能。また、震災後の新たなまちづくりで盛り上がりを見せていて、地域の人からの応援もあり、「移住してきた人が馴染みやすい土壌」や復興・まちづくりへの挑戦など「チャレンジできる余白」のあるまちです。

ここ2~3年でも、新たに広い道が通り、飲食店や商業施設が生まれ、移住者も増えていて、みんなの暮らしもさまざま。畑で家庭菜園をする人もいれば、未経験から漁業や農業にチャレンジする人、ただただのんびりと日々を過ごす人…周りの助けを借りながら、一人ひとりが自分の暮らしを楽しんでいます。
移住者が多いだけでなく、楽しく人とつながれる場があることも嬉しいポイント。
陸前高田市には、市からの委託を受け移住定住促進を担うNPO法人高田暮舎があり、常に移住者のサポートを行っています。

伝統的な七夕まつりの様子。移住者やお祭りの時だけ手伝いに来られる方など、沢山の人が関わっている行事です!

伝統的な七夕まつりの様子。移住者やお祭りの時だけ手伝いに来られる方など、沢山の人が関わっている行事です!

冬の澄んだ海は、眺めるだけで最高のリフレッシュになります。

冬の澄んだ海は、眺めるだけで最高のリフレッシュになります。

\お試し居住の内容をご紹介/

【申込条件】
・県外から本市への移住定住を希望していること
・Facebook、Instagram、TwitterなどのSNSにおいて、市内での生活の様子や魅力を外部に発信すること
・アンケートに協力していただけること

【市営住宅】どちらも間取りは2DK。生活家電、照明、無線LAN等付きですぐに生活を開始できます!
・水上団地:BRT長部駅と三陸道のICがすぐそばで利便性の高い場所
・大野団地:駐車場のすぐ近くから大野海岸海水浴場が一望でき、海の見える暮らしを実感できる場所

▼詳細情報・お申込みはこちら
「陸前高田お試し居住HP」
https://www.otameshi.takatakurashi.jp

======================================================================

\興味はあるけど日程が合わない・応募前にオンラインで相談してみたい方も歓迎です/

応募するにはもっと情報が欲しくて迷っている方、まずは現状を相談してから決めたい方、オンラインでの移住相談も随時受付しております!

≪これまでのご相談例≫
・自分と同年代の移住者っていますか?
・今募集中の仕事ってどんなものがありますか?
・単身で住める家って他にあるんでしょうか?
・移住いいなとは思っているけど、決まらないんですよね…
・まずまちの様子を見てみたいです!
など

どんなご相談も歓迎です。
「すぐ住むわけじゃない」「まずつながってみたい」そんな方も、ぜひゆるりとお話しにきてください。

お待ちしております!

▼オンライン移住相談 
https://smout.jp/plans/10327

市営住宅①大野団地 駐車場のすぐ近くから大野海岸海水浴場が一望でき、海の見える暮らしを実感できる場所

市営住宅①大野団地 駐車場のすぐ近くから大野海岸海水浴場が一望でき、海の見える暮らしを実感できる場所

市営住宅②水上団地 BRT長部駅と三陸道のICがすぐそばで利便性の高い場所

市営住宅②水上団地 BRT長部駅と三陸道のICがすぐそばで利便性の高い場所

大野団地室内

大野団地室内

お試し居住者同士の交流ツアーも開催!

お試し居住者同士の交流ツアーも開催!

特定非営利活動法人 高田暮舎
プロジェクトの経過レポート
2023/01/06

\通年募集に切り替わりました/

今まで応募期限が決まっていたところ、通年募集に切り替わりました!
皆様のタイミングに合わせて、ご応募ください!

2022/12/16

\室内写真を追加しました/

11912

水上団地収納。
このほかに両団地とも、外に個人用倉庫があります。

2022/12/16

\室内写真を追加しました/

11911

水上団地収納。
このほかに両団地とも、外に個人用倉庫があります。

登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
陸前高田市
多勢 瞳(旧姓:高橋)が紹介する陸前高田市ってこんなところ!

自然豊かな陸前高田。海と共に生きる半島側の地域から山間部の自然を感じる地域まであり、8つの町から構成されています。「岩手の湘南」とも言われており、冬は雪もあまり積もらず、雪かきは多くても年数回程度の比較的温暖な気候です。
.
陸前高田には、気軽にお家でお茶をする「お茶っこ」や、新鮮な魚介類や野菜などを分け合う「おすそ分け」、夏に開催される伝統的なお祭りに地域一丸となって全力で取り組み、楽しむといった様々な文化が根付いています。
.
Uターン・Iターンなど関係なく、やってきた人を温かく迎え入れてくれる風土があることも陸前高田の大きな魅力の1つ。震災をきっかけに、これまでに多くの移住者たちが復興・新しいまちづくりに挑戦し、活躍してきました。単なる被災地ではなく、外から入ってきて何かを始めたという人が多く、チャレンジしやすい環境となっています。
.
「人と人とのつながりを密に感じたい」「自然に囲まれた暮らしをしたい」「新しいチャレンジをしてみたい」など、どんな些細な想いやきっかけでもかまいません。ぜひ魅力たっぷりな陸前高田に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

多勢 瞳(旧姓:高橋)
特定非営利活動法人 高田暮舎
◆経歴 ・千葉県出身 ・大手人材会社の営業/2019.4~ ・NPO法人高田暮舎の移住コンシェルジュ/2020.10~ 2020年9月末、縁もゆかりもなかった岩手県にIターンしました。 きっかけは高田暮舎のオンラインイベント。 希望していた地域おこし協力隊の募集があり、かつ人や自然環境などにも魅力を感じたので、勢い半分で移住を決めました。笑 現在は陸前高田市の地域おこし協力隊として、移住コンシェルジュを担当させていただいております。 人との交流や新しい体験が大好きで、ゆるりと日々の暮らしを楽しんでいます。
81
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
訪問しました!
移住決定しました!
{{WANTED_TEXT}}