【自給自足 × ホームスクーリング】安心して心地よく生きていける暮らし始めませんか?
働く・住む
公開日:2023/01/20
終了日:2024/03/31

【自給自足 × ホームスクーリング】安心して心地よく生きていける暮らし始めませんか?

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

ここは紀伊半島の南に広がる熊野地方。中心街から車でおよそ20分、緑豊かな山道を抜けた先にある里山の小さな集落で私たち家族は暮らしています。

3.11を機に東京から移住し、夫・妻・ホームスクーラーの子どもたち(10歳・6歳)とともに、紀州犬と鶏8羽を飼い、田畑で米や麦・野菜を育て、山の木を伐り薪をいただく自給自足の暮らしを実践中です。畑仕事や大工仕事などまったくの未経験から始めたこの暮らしも、家族で協力しながら、子どもたちとともに育ちながら、集落の方たちに教えてもらいながら、自給スキルを少しずつ身につけてきました。

長男は、小学校に在籍しつつも通学せずに家で学ぶ「ホームスクーリング」を選択しました。子どもたちは、田畑があって、森や川があって、さまざまな生きものがそばにいて、自然とともに暮らしながら、遊びながら、毎日やりたいこと思いっきりやって、いきいきと学んでいます。

そんな子どもたちの姿を見て、同じ想いを持った数家族が近くで暮らし、それぞれが自給しながら支え合い、同年代の子どもたちで一緒に学んだり、遊んだり、みんなで子どもを見守ることができたら、とても豊かでたのしいだろうなと思うようになりました。

ちょうど自給自足の暮らしにぴったりな物件も出てきたということもあり、これを機会に仲間を募集しよう!と、今回SMOUTにプロジェクト募集させていただきました。

子どもたちの健やかな未来を、家族と仲間と紡いでいきたいと願っています。暮らしを自分たちの手でつくり、仲間で助け合い、自然の中で子どもたちにのびのびと健やかに育ってほしい、そんな想いをお持ちのご家族をお待ちしています!!

変化に振り回されず、何があっても大丈夫でいたい。

― 自給自足暮らしのきっかけは危機感 ―

2011年に発生した東日本大震災。当時はスーパーから食品が消え、放射能の影響を考えると、何を食べていいのかもわからない状況。自分の命を支えている食糧が、他の人の手に委ねられすぎていると気づいて危機感を覚えました。

変化に振り回されず生きていきたい。子どもたちの未来を考えると、何があっても大丈夫でいたい。まずは自分たちが食べるものは自分たちの手でつくろう、安心して子育てできる場所を探そうと移住を決めました。

― 支え合う暮らしの安心感 ―

東京での仕事は夫は経営コンサルタント、妻はベンチャー企業での財務経理でした。畑も田んぼも大工もまったくの未経験。仕事での経験はここでの暮らしには役に立たず“生きる力”のなさを痛感しました。

集落のお母さんたちや先輩移住者から、種を蒔く時期から、収穫した野菜のおいしい食べ方、保存の仕方、道具の使い方、野草を使ったお手当てなど、生きるために必要な知識や知恵をたくさん教わり、機械を貸してもらったり、種を分けていただいたりと随分助けてもらいました。

私たち夫婦は、人付き合いがあまり得意ではありません。でもここへ移住してきてから“いつもおおきによ(ありがとう)”といった集落の中でお互いに支え合う、分かち合う暮らしがあたりまえになりました。そんな日々の暮らしは、都会生活で隣に住んでいる人も知らないという希薄な関係の中で生きるよりも、人と人との深いつながりが感じられ、とても豊かで安心感があります。

― 暮らしがしごと しごとが遊び 遊びが学び ―

子どもたちは一年を通して、田畑でお米や野菜を育て、収穫したものを一緒に調理し、自然の恵みに感謝し、おいしいねと家族で食卓を囲みます。そして調理できなかった皮や根っこ、刈った草は畑に戻し土をつくり、収穫した種を保存してまた次の年に種をまく。そんな自然の循環にそった暮らしを積み重ねています。

斧で薪を割る、火を熾す、ノコギリで木を伐る、鶏のお世話をする、魚をさばく、草木で染める、わらを綯う。日々の暮らしがしごとで、子どもたちは時にしごとが遊びになったり、遊びの中から学んだり、しごとも遊びも学びも境のない暮らしは、生きる力そのものだと感じます。子どもたちは、ともに学び、考え、体験し、暮らしを一緒につくっていく小さな仲間という存在です。

自然の中で、時間の制約なく、自分のやりたいことをぐんぐん吸収していく子どもたちの姿は、のびやかに育つ植物のよう。自然に沿って、自然とともに暮らすことの愉しみや、しあわせを感じてもらいたいと願っています。

たくあん用の大根を収穫。「左に回すと抜けやすいよー」と隣のお母さんに教えてもらって早速実践。

たくあん用の大根を収穫。「左に回すと抜けやすいよー」と隣のお母さんに教えてもらって早速実践。

「おにいちゃん、あの鳥なあに?」今日は、野鳥図鑑と双眼鏡もって野鳥の観察。

「おにいちゃん、あの鳥なあに?」今日は、野鳥図鑑と双眼鏡もって野鳥の観察。

大人も子どもも みんなが安心して心地よく生きていける「場」に

ひとりでは自給自足は難しい。家族や仲間など誰かと協力しなければ自給自足の暮らしは成り立たちません。家族で暮らしのしごとを分担し、仲間で協力し助け合うことは大切だと思います。

種の交換をしたり、たくさん採れたり、採れなかった作物があれば、それぞれ分け合う。小屋を建てたり、田植えや稲刈りなどパワー不足だと感じる部分は、力を出し合う。

今後ますます混乱が予想される社会を想定すると、お金に頼らず、お互いが得意なことを活かし、不得手な部分はまわりと助け合い、分け合うことや交換などで支え合えれば、これほど安心感のある豊かな暮らしはないと思っています。

同じ価値観をもつ家族が集い、大人も子どもも自然と共に暮らし、つくり、食べ、遊び、学び、笑い、みんなが安心して心地よく生きていける「場」になっていけば嬉しいです。

畑でかぶとむしを見つけたよ!

畑でかぶとむしを見つけたよ!

ご近所さんからいただいた無農薬みかんで、ジュースづくり。

ご近所さんからいただいた無農薬みかんで、ジュースづくり。

私たちの暮らしの場にあそびに来てみませんか?

〇こんなご家族をお待ちしています!

・子どもたちの健やかな未来を願う方
・自給自足の暮らしを目指したい方
・暮らしを自分たちの手でつくりたい方
・お互いに支え合い、助け合う暮らし方に共感できる方
・ホームスクールやアンスクーリングに興味があり、同世代のお子様がいるご家族

〇スムーズに暮らしが移行できるようサポートします!

1.)土地や空き家の紹介、手続きなどのサポート
2.)自給自足の暮らしに移行するためのサポート(種分け、品種選びや獣害対策、作付け計画など)
3.)共同ホームスクーリング、アンスクーリング
4.)収支の立て方のサポート(生活の支出とそれに対する収入の作り方のアドバイスなど)

【まずは一度お話ししませんか?】

自給自足の暮らしをしたい!と思っても、仕事や収入は?どこでどうやって始めたら?まずはどうしたら?など、心配なことや気になることは人それぞれあると思います。

少しでも興味のある方、人生の方向性を考えている方、何かきっかけをつかみたい方、まずは一度お話ししませんか?

自給自足の暮らしやホームスクーリングのことなど、実際に来て見ていただけると雰囲気がつかみやすいと思います。もしよかったらぜひ一度お越しください。オンラインでの移住相談も承ります。

「興味ある」もしくは「応募したい」ボタンから気軽にお問い合わせください。
※移住相談したい、ちょっと聞きたいことがある、都合が合えば行ってみたい!など、メッセージをやりとりされたい方は、「応募したい」ボタンを押してください。

ご縁ある方とつながり、近くでご一緒できること心よりたのしみにしております。

〇私たちが暮らす集落はこんなところです!

紀伊半島の南に位置する「熊野」と呼ばれる地域にある里山の小さな集落です。白浜空港から車でおよそ45分。田畑と家々の距離が程よく、川から山に田畑にと風が抜けとても気持ちがいい場所です。

年間降水量は多く、水の豊かな地域で100mm/h くらいの雨であればびくともしません。標高は100~150m程。津波の心配もありません。

比較的温暖な気候ですが、山の中なので寒暖差は大きく、冬はマイナスになり雪が降る日もありますが、年間を通して露地で野菜の栽培ができます。寒暖差のためか、水質のためなのか「ここのお米はおいしい!」と評判です。

限界集落でもあり、世帯数は約20世帯。70代、80代のおばあちゃんが多いですが、今でも田んぼや畑をしながら、梅干しや味噌など季節毎の保存食なども手作りしています。
「あの木の花が咲いたら種を蒔く時期だね」「雲があっち向いて流れてるから明日は晴れるね」など、自然をよく観察し活かしていく里山の知恵が今も暮らしの中に息づいています。

〇Instagramアカウント:jikyu.homeschooling
ホームスクーラーの日々を綴っています。

移住してまず最初に「お風呂とトイレ」棟を建てました。次の目標は、ドームハウスをセルフビルドすること!

移住してまず最初に「お風呂とトイレ」棟を建てました。次の目標は、ドームハウスをセルフビルドすること!

農薬や肥料を使わずお米・麦・穀物・野菜など年間約100種類ほど育てています。

農薬や肥料を使わずお米・麦・穀物・野菜など年間約100種類ほど育てています。

\自給暮らし×ホームスクーリング/
登録しよう!

にユーザー登録して もっと活用しよう!無料

  • 地域をフォローできるようになり、地域の最新情報がメールで届く
  • あなたのプロフィールを見た地域の人からスカウトが届く
  • 気になった地域の人に直接チャットすることができる
和歌山県
\自給暮らし×ホームスクーリング/が紹介する和歌山県ってこんなところ!

 和歌山県は、日本最大の半島である紀伊半島の南西部に位置し、面積の8割を山地が占め、地形は南北に長く、海と山に恵まれ、エリアごとに気候や特色が異なります。
 和歌山市など県北部は年間を通じて天気や湿度が安定しており、降水量も少なくなっています。一方、本州の最南端にあたる串本町がある県南部は、降水量の多い地域もありますが、日照時間が長く、夏は比較的涼しく冬は暖かい傾向がみられます。
 温暖で雨が多いため樹木がよく育ち、広大な森林に覆れており、和歌山県の古い国名である「紀の国」は、「木の国」から転じたものともいわれ、林業も盛んです。
 古代から人々に親しまれた山々なども多く、多様な生物が生育・生息し、深い森や滝、巨石、大木など、自然物に対する信仰が発展してきました。紀伊山地は、神話の時代から神々が鎮まる特別な地域と考えられており、起源や内容を異にする「熊野三山」「高野山」「吉野・大峯」の三つの霊場とそこに至る「参詣道」が生まれ、都をはじめ各地から多くの 人々が訪れる所となり、日本の宗教・文化の発展と交流に大きな影響を及ぼしました。

プロジェクトの経過レポート
2023/09/01

初めての夏

15472

移住してきた子どもたちにとって、ここで過ごす初めての夏。晴れの日は、毎日のように川で遊んでいます。

午前中は各自のお家でお手伝いや自分の興味ある分野の学びの時間にしています。

お昼食べたら声かけあって川へ向かいます。田んぼの中を通り過ぎるとすぐに川へ到着。歩いて5分。

初めて顔をつけれるようになったり、潜れるようになったり、泳げるようになったり。夏の間にめきめきと上達しています。

川で出会ったご近所の方から「ほれ、今日釣れたでー。晩のおかずにどうや」と鮎をいただき、庭で火を熾して塩焼きしたり。夜は家の前の道でシートを敷いて、星空観察会をしたり。カブト虫を見つけたり、田んぼいっぱいのトンボを眺めたり。夏をめいっぱいたのしんでいました。

エアコンのない暮らしもはじめて。最初は汗疹ができたりしてたけど、すっかり体も慣れて汗疹もきれいになくなりました。

「いっつも夏、痒かったの。搔きむしってがさがさの手や足を見せるのイヤだったけど、今年は痒くない!がさがさになってない」と嬉しそうに教えてくれました。

あっという間の夏。もうすぐ稲刈りや栗拾い、芋掘りなど、収穫の秋へ。初めての秋。たのしみです。

オンラインでの移住相談、随時受け付けております。ちょっとしたことでも構いません。聞きたいことありましたらお気軽に「応募する」ボタンからお問い合わせください。

見学もぜひお気軽にお越しください。子どもたちと一緒に農作業したり、遊んだり、学んだり。ホームスクーラーの日常を一緒に過ごしてみませんか?

2023/06/09

2組のご家族が移住されました!

14267

今年の1月下旬にプロジェクトを掲載して4か月が経過しました。オンラインでの移住相談が約20件。現地訪問でお越しいただいたご家族が6組。

そしてついに、2組のご家族が移住を決められ、引越してこられました!!

4月に移住
ご夫婦、13歳、11歳、9歳の5人家族
5月に移住
ご夫婦、10歳、7歳、5歳の5人家族

10人!(子どもたち6人)も増えて、集落の方たちも「子どもの声が響いて賑やかでいいねぇ」「お家に灯りがついているのを見ると嬉しいね」と喜んでいます。

先日は、子どもたちで桑の実を摘んで、摘んだ手もつまみ食いした口も赤紫に染まり、そんな顔をお互いに見てはケラケラ笑って、とてもたのしそうでした。

集落のお母さん茶摘みを教わりながら、釜で炒って揉んでと一緒にお茶づくりしたり、家の庭で蛍やとんぼの羽化する瞬間を見て目をまるくしたり、初めての体験もたくさんあって、感動や驚きとともに、ここでの暮らしをたのしんでいます。

一番最初の経過レポートに掲載した物件は、入居が決定しましたが、他にも声をかけていただいている物件もあり現在交渉中です。

暮らしのこと、収支のこと、子育てのことなど気になることありましたら、ぜひ「応募する」ボタンからお気軽にご連絡ください。オンラインでの移住相談も承っております。

2023/02/24

\プロジェクトを掲載して1ヶ月が経ちました/

13144

畑の野菜たちも菜の花が咲き始めました。
春が近づき、そろそろ畑や田んぼでせわしい日々がやってきます。

プロジェクトを掲載して1ヶ月が経ちました。
予想以上の反響をいただいており、とても嬉しく思っています。ありがとうございます!

ここ1ヶ月でオンラインでの移住相談が15件、そして2組のご家族が実際にこちらの集落を訪れてくれました。

お昼ごはんを一緒に食べて、集落を見て回ったり、地元の方とお話ししたり、暮らしや子育てなどたくさんお話しもできました。

子どもたちは、はじめましての挨拶したら、あっというまに打ち解けて、川で遊んだり(2月なのに)、屋根に登って寝っ転がったり、鶏抱っこしたり、初めての草履で走り回ったり、お日さまが沈むまで外でめいっぱい遊んでました。

引き続きオンラインでの移住相談も承っております。
ご興味ある方はぜひ「応募する」ボタンからお問い合わせください。

また物件開発もゆっくりですが進行中です。売買や賃貸など、条件が明確になりましたら随時こちらにアップさせていただきます!

2023/01/28

物件の開発はじめます!

12664

こんにちは。

本州最南端の地域とはいえ、先日はここの集落にも雪が積もり、近所のおばあちゃんたちも「こないなこと、今までないなぁ」と驚いていました。

積もったといっても5cmくらい。お日さまが昇るとあっという間に溶けていきました。そら豆やえんどう豆、麦など畑の野菜たちも元気です。

プロジェクトを掲載して1週間経ちました。
嬉しいことに、予想していた以上のお問い合わせをいただいております。ありがとうございます!

今回のプロジェクトでご紹介した物件は、田畑の広さや売買であることなどの条件面が、合わない方もいらっしゃいました。

そこで、プロジェクト内容にご賛同いただいたこのご縁をつないでいきたく、物件の開発をはじめます。

集落の方たちに話したところ「あそこも空いているで」「ここ、もう住まないって言っていたで」と、いくつか物件が挙がってきました。“お家の大きさ”や“田畑の広さ”、“賃貸or売買”など、いろいろな条件の物件を開発していきます。

新たな物件が決まり次第、順次レポートに掲載していく予定です。

ご興味ある方は、「応募したい」ボタンから気軽にお問い合わせください。よろしくお願いいたします!

2023/01/23

暮らしに必要なモノ・コトをここで、自分の手でつくっていける場所

12570

今回のプロジェクトの物件紹介です。

私夫婦たちは東京から移住するときと、一度別の土地に越したときに、かなりの数の物件を見てきました。そんな私たち夫婦から見ても「これは!」と思える物件です。

家族の食を支える「土・水・日当たり・広さ」があり、暮らしに必要なモノ・コトをここで、自分の手でつくっていける環境がそろっています。

それでは物件の紹介です。

1.)家と田畑がとなり合わせ
家の前に4反の田畑が広がっています。水利権も明確になっており、田んぼもすぐに始められます。

家と4反もの田畑がとなり合わせって実はなかなかありません。離れているとついつい億劫になりがち。農をするなら、家のすぐそばの方が目も届きますし、調理のときにさっと収穫もできます。

また隣で田んぼをされているご近所の方も無農薬でお米づくりをしています。

2.)塩素なしの谷水が引ける
集落で共同管理している水道(こちらも川水で塩素なし)も引いていますが、自宅の裏山から湧き水も引けます。

3.)日当たりがよい
集落内の道路より少し高い場所に家があり、見晴らしがよく、とても気もちのよい場所です。敷地全体的に日当たりがよいです。

4.)大規模な太陽光発電施設が集落内にない
集落の皆さんが守ってきました。そのためこの集落には太陽光発電施設はありません。

5.)お家の状態は良好です
空き家になって1年です。家主さんが大工なのでお手入れもきちんとされていました。

また住まなくなってからも定期的に空気の入れ替えをしていたので、屋根や床に傷みはありません。

トイレも改修済みです。修繕が必要ですが「おくど」もあります。

この画像は、お家の縁側からの眺望です。
本当に気もちがいいんですよ!
田畑は目の前だし、画像では見えませんが、山すそには川が流れてます。我が家の子どもたちも夏は毎日のように川遊びしてます。

レポートだと、画像がひとつしか掲載できません。
家の中など他の写真は、Instagramに掲載しておりますのでよろしければご覧ください。
(Instagramアカウント:jikyu.homeschooling)

ご縁ある方がこの土地とつながり、近くでご一緒できること心よりたのしみにしております。

3.11をきっかけに、2011年東京から紀伊半島の南、熊野地方の山の中にある約20世帯の小さな集落に移住。夫・妻・ホームスクーラーの子どもたち(9歳・5歳)とともに、紀州犬と鶏8羽を飼い、田畑で米や麦・野菜を育て、山の木を伐り薪をいただく自給暮らしを実践中。 東京での仕事は、夫:経営コンサルタント、妻:ベンチャー企業の財務経理部門。未経験からの始めた農ですが、今では種を継ぎながら無農薬・無肥料でお米や麦・雑穀や豆・野菜など年間を通して約100種類ほど育てています。
100
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
先日は大変お世話になりました。とてもよくしていただき感謝です。また大変勉強になりました。
icon
メッセージありがとうございます。こちらのメッセージですと文字数の制限もあります。 ご質問などは「応募する」ボタンからお気軽にお問合せください!
icon
興味があるのですが、単身でも良いのでしょうか。
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}