高校魅力化の新たなスタートを一緒につくる仲間募集/新潟県阿賀町 地域おこし協力隊募集
募集終了
働く・住む
公開日:2022/01/13
終了日:2022/02/28

高校魅力化の新たなスタートを一緒につくる仲間募集/新潟県阿賀町 地域おこし協力隊募集

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

こんにちは。阿賀黎明高校魅力化プロジェクト・黎明学舎の西田卓司です。私は3年前の令和元年5月に阿賀町に移住してきました。

阿賀町に来て最初に心に残っていることは、教育委員会に向かう道の途中の景色です。トンネルを抜けると、阿賀野川の雄大な流れと新緑の緑の向こう側に真っ白な雪山が見え、とても美しかったです。また、暮らし始めてみると、多くの町の人が道ですれ違うたびに挨拶したり、声をかけたりしてくれることがとても新鮮でした。

町内唯一の高校である新潟県立阿賀黎明高等学校は、全校生徒78名(令和3年4月時点)の小さな学校です。阿賀町教育委員会は、平成28年に公営塾・黎明学舎を設置。高校と連携し、地域と一体となったまなびをつくる様々な取り組みを進めてきました。今回は、令和4年度、新課程の開始とともにスタートする新たなステージに向かう仲間を募集します。

※興味のある方は「興味ある」ボタンを押してください。こちらから連絡いたします。

未来へ向かう中継点としての高校と地域の連携

新潟県阿賀町津川は、新潟県と福島県の県境に位置し、江戸時代は会津藩の河港であり、物資を運ぶ中継点として栄えた場所です。現在でも神社などで定期的に朝市があり、商売人も多く集まる場として、よそ者ウエルカムな雰囲気がどことなくあるように思います。

新潟県立阿賀黎明高等学校は令和2年に新潟県教育委員会より「コミュニティ・スクール」に指定され、同時期に地域団体「阿賀黎明探究パートナーズ」が発足し、「総合的な探究の時間」や学校設定科目「地域学」における地域の大人の参加・参画など、地域との連携・協働を進めています。

令和3年4月には温泉施設をリニューアルした「緑泉寮」を設置し、町外・県外からも進学することができるようになりました。地域の人でつくる「くらしサポーター」制度も始まり、農作業や調理体験など、阿賀町の暮らしそのものを体感することも大切にしています。

今回、高校、公営塾、寮、そして地域が高校生とともに生徒の未来と町の未来をともにつくっていく高校魅力化の新たなステージに向かうための仲間を募集します。

〇公営塾・黎明学舎 塾長:1名
〇小中高連携コーディネーター:1名
〇寮ハウスマスター:1名

令和3年度の黎明学舎スタッフ

令和3年度の黎明学舎スタッフ

地域の大人たちと一緒に授業運営研修会

地域の大人たちと一緒に授業運営研修会

生徒や地域と対話を重ね「ともにつくる」人募集

こんな人と一緒にプロジェクトを進めていきたいです。

〇公営塾・黎明学舎 塾長
業務内容:
・公営塾の運営および施設のマネジメント
・AI教材やオンライン会議システムなども活用した学習支援の仕組み構築
・課外活動・学校外活動における生徒の探究活動支援の仕組み構築
・生徒の学習状況についての高校側との連絡・相談
・その他、高校魅力化に関する業務全般

求める人物像:
・新しいことに興味を持ち、試験的にやってみることができる方
・個性的な人たちとのコミュニケーションに熱意を持っている方
・学習塾等における学習指導および人材マネジメント経験のある方

〇小中高連携コーディネーター
業務内容
・阿賀黎明高校「総合的な探究の時間」「地域学」等の授業サポート、地域人材および事業所との連絡調整
・町内中学校の「総合的な学習の時間」「職場体験」等の活動サポート、地域人材および事業所との連絡調整
・公営塾・黎明学舎での学習支援および探究支援
・その他、高校魅力化に関する業務全般

求める人物像
・「探究的な学び」に対して、自らも試行錯誤し、アップデートし続けられる方
・生徒や高校教職員とフラットにコミュニケーションできる方
・教員免許、もしくは高校・大学等での授業設計の経験のある方

〇緑泉寮ハウスマスター
業務内容
・寮における生活支援(寮生の生活管理・指導、施設の管理、緊急時対応)
・高校、教育委員会との連絡調整、打ち合わせ
・生徒の地域活動および探究活動支援
・その他、高校魅力化に関する業務全般

求める人物像:
・さまざまな手段を通しての生徒との相互理解に熱意のある方
・学校とは異なる生活空間としての場づくりに関心のある方
・精神保健福祉および衛生に関する知識・経験をお持ちの方、歓迎
・野外活動(キャンプ・アウトドア等)に関する知識・経験をお持ちの方、歓迎

基本自習スタイルですが、ミニ講義も行います

基本自習スタイルですが、ミニ講義も行います

地元の方に教わりながら笹団子づくりを行いました

地元の方に教わりながら笹団子づくりを行いました

新潟県阿賀町 地域おこし協力隊募集

【募集職種と人数】
●公営塾「黎明学舎」塾長 1名  
●小中高連携コーディネーター 1名
●緑泉寮ハウスマスター 1名
※いずれも「地域おこし協力隊」として採用

【雇用形態】
●雇用形態 契約社員
●給与 月給 200,000円~

●勤務時間・曜日(1 公営塾塾長および小中高連携コーディネーター) 
勤務時間:9:00-21:00のうち1日7時間勤務
休日  :週休2日制/土日祝休み、年末年始・夏季・有給休暇有
      ※生徒の勉強や受験に影響が出ないよう、スタッフ全体で調整して取得
ほか  :課外活動等の理由により休日出勤の可能性有(その場合、代休を取得)
●勤務時間・曜日(2 寮ハウスマスター)
勤務時間:6:00-22:00の間で週35時間程度を基本とします。
     ※活動内容によってシフト制の勤務時間が変動する可能性があります。
休日  :月8日、年末年始・夏季・有給休暇有り、その他閉寮日
     ※生徒の生活に影響が出ないよう、スタッフ間で調整して取得
ほか  :寮見学等、新入生募集の活動等により休日出勤の可能性有(その場合、振  
替休日を取得)

●福利厚生
加入保険:社保完備
住居等 :住居(阿賀町が無償で提供。ただし光熱費・通信費等は自己負担)
自動車(カーシェア 阿賀町が無償提供)

・募集の一次締め切りを1月31日までとします。状況に応じて、継続して募集を行います。
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。送付いただいた履歴書等はお返しでき 
ませんのでご了承ください。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

「地域学」まちづくりチームのテーマは空き家を活用した居場所づくり

「地域学」まちづくりチームのテーマは空き家を活用した居場所づくり

麒麟山山頂から雲海が晴れた後に見えた高校

麒麟山山頂から雲海が晴れた後に見えた高校

阿賀町
西田卓司が紹介する阿賀町ってこんなところ!

阿賀町は人口約1万人で高齢化率は50%近くあり、県内一となっていて、とても田舎なイメージがありますが、暮らしてみると津川の街中は、JR磐越西線津川駅から2㎞ほどでぎりぎり徒歩圏内であり、高速道路の津川ICは車で5分ほど。高校の周りにもコンビニ、スーパー、ホームセンター、ドラックストアなどが徒歩10分圏内にあり、生活必需品をそろえることはそんなに大変ではありません。

休日の過ごし方ですが、県都・新潟市まで車で1時間程度ですので、買い物に行ったり、大手チェーンのコーヒーを飲んだりすることは比較的容易です。また、福島県側には、喜多方、会津若松といった観光地もあり、日帰りでも往復することが可能です。

また、なんといっても四季の移り変わりが感じられる、とても美しい町です。昨年秋には麒麟山の山頂(40分ほどで上れます)から見る雲海に、息をのみました。豊かな川と森に囲まれ、米も野菜も美味しく、糀や味噌、日本酒などの発酵文化も豊かなまち、今回の採用とは関係なかったとしても、あなたも一度遊びに来ませんか?

西田卓司
阿賀黎明高校魅力化プロジェクト「黎明学舎」
阿賀黎明高校魅力化プロジェクト「黎明学舎」の西田卓司です。阿賀町に来て最初に心に残っていることは、教育委員会に向かう道の途中の景色です。トンネルを抜けると、阿賀野川の雄大な流れと新緑の緑の向こう側に真っ白な雪山が見え、とても美しかったです。また、暮らし始めてみると、多くの町の人が道ですれ違うたびに挨拶したり、声をかけたりしてくれることがとても新鮮でした。
14
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!