【未経験者歓迎】移住コーディネーター募集開始!北海道下川町で、一緒に暮らしを楽しむ仲間を探しませんか?
募集終了
働く・住む
公開日:2022/08/17
終了日:2023/11/16

【未経験者歓迎】移住コーディネーター募集開始!北海道下川町で、一緒に暮らしを楽しむ仲間を探しませんか?

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

北海道下川町は人口3,000人の小さな町。アクセスがいいとはとてもいえないこの町で、移住支援を行う部署「タウンプロモーション推進部」が作られたのは6年前。今では、毎年この町の人口の1%以上がこの部署を通して移住してきます。

6年前―
下川町の働き手不足を解消するために、移住者誘致をミッションとしたタウンプロモーション推進部が立ち上がりました。移住に力を入れている自治体もまだ少ない中、右も左もわからずとにかく手探りでPR。トライアンドエラーを繰り返しながら、少しずつ移住相談や移住検討者が増えてきました。

3年半前―
新型コロナウイルスが北海道で最初に流行。私たちの部署にも「北海道はコロナが流行っているので違う地域に移住します。」という移住キャンセルの連絡が相次ぎました。下川町への移住の流れをなんとか継続させたいと知恵を絞り、 “オンライン”を活用した移住施策に舵を切ったのはこの頃です。

1年半前―
下川町が旗振り役となり、北海道内のいくつもの自治体と連携をはじめました。年に数回合同でオンラインイベントを開催。これにより移住を検討して下川町を訪れる人も増え、加えて関係人口も増えました。この頃から空き家の紹介も同部署でできるようになり、ワンストップ移住窓口としての機能が充実しました。

そして今―
移住者数も安定的に伸びてきました。移住者ウエルカムな気質の町民たちに支えられ、すでに移住した人たちも楽しくのびのび暮らしています。町のあちこちでコミュニティが生まれ、なんだかみんな楽しそう。

さぁ、やっとここから。

下川町はこれからますます面白くなっていくはずです。

現在、タウンプロモーション推進部では、“移住コーディネーター”を募集しています。
移住先進地・下川町で、一緒に下川暮らしを楽しむ仲間を探しませんか?

下川町の移住コーディネーター業務内容

■移住相談者の対応(オンライン・オフライン)
■移住イベントの実施
■起業家の誘致・伴走支援

上記業務に伴い、以下のような仕事があります。
・町の取り組み説明や町内案内
・仕事や住宅の紹介
・起業型地域おこし協力隊の募集・採用/伴走支援
・ライティング/文書の校正
・バナー・チラシデザイン
・イベント(オンライン・オフライン)の企画と運営
・イベント(オンライン・オフライン)の登壇
・ファシリテーション
・運営サイトでページ作成(wordpress 他)
・SNS等での情報発信

・取材対応
・データ整理  etc…

全てを一人でこなすわけではなく、得意分野を中心に分担・協働で業務にあたります。

イベントの企画・運営、ゲストスピーカーやファシリテーターをすることも。

イベントの企画・運営、ゲストスピーカーやファシリテーターをすることも。

交流会の準備や後片付け、移住のお悩み相談、資料づくりなど業務はさまざま。

交流会の準備や後片付け、移住のお悩み相談、資料づくりなど業務はさまざま。

あなたは、移住コーディネーターの仕事に向いている??

□下川町や田舎での暮らしを楽しみたい
□アイデアを考えることが好き
□人の話を聞くことが好き
□人と話すことが好き
□お酒を飲むことが好き
□デザインを考えることが好き
□文章を書くことが好き
□ノリがいい
□やりがいのある仕事につきたい
□誰かの役に立つ仕事がしたい
□裏方の仕事はけっこう好き
□目の前に課題があると解決したくなる
□他人の相談に乗ることが多い
□人とのつながりを作りたい
□コミュニケーションを取るのは得意なほうだ
□場づくりをしたい
□ないならつくっちゃえ!と思っている
□他人にポジティブだと言われることがある
□他人の目は気にしすぎないほうだ
□好奇心旺盛なほうだ
□自然が好き

上記の6つ以上の項目に当てはまる方は、きっと下川町の移住コーディネーターに向いています!ご興味のある方は、まずはSMOUTのメッセージでご連絡を。
Zoomで、このお仕事について、下川町についてお話ししましょう(^^)/

よそ者に対してウエルカムな町民性が、下川町の移住施策を支えてくれている。

よそ者に対してウエルカムな町民性が、下川町の移住施策を支えてくれている。

「移住コーディネーター」募集の詳細

募集人員:若干名
雇用形態:会計年度任用職員「移住コーディネーター」
勤務時間:8:45〜17:15(12:00-13:00昼休憩)
休  日:週休2日(休日出勤あり)、有給休暇あり
給  与:月額20万円 ※時間外手当あり
任  期:任用の日から令和5年3月31日まで ※更新あり
福利厚生:社会保険、厚生年金、雇用保険
必要な資格:普通自動車免許
試験内容:面接・小論文
募集期間:令和4年10月20日まで
問い合わせ先:下川町産業活性化支援機構タウンプロモーション推進部

zoomやメール・LINEでの相談はほぼ毎日。移住検討者に寄り添った対応を心がけています。

zoomやメール・LINEでの相談はほぼ毎日。移住検討者に寄り添った対応を心がけています。

下川町
タチバナ ユミコが紹介する下川町ってこんなところ!

下川町のことを知りたい方は、30分で町の概要をお話したオンラインイベントのアーカイブをご覧ください(^^)/
https://shimokawa-life.info/shimokawa-kaitsumami/
 
\下川町に向いている人はこんな人☝/
・地域につながりを作るのが好きな人
・面白いことが好きな人
・まちづくりやイベントに関わりたい人
・好奇心旺盛な人
・実現したいことがある人
・不便も楽しめる人

プロジェクトの経過レポート
2022/09/11

こんな仕事があります:移住フェアに出展

東京や大阪などで行われる、全国各地から出展自治体を集めた、移住フェアに参加することがあります。
移住フェアでは各自治体がブースを作り、そこにくる移住検討者に町の紹介をしたり、移住相談を受けたりします。

2022/09/10

こんな仕事があります:視察対応

とくに「移住施策」に特化した視察の対応については、スポットで対応に入ることがあります。
下川町の移住施策は近年注目されており、他の自治体や地方創生にかかわる会社の方が訪れます。
タウンプロモーション推進部についての話、事業についての話などをしていきます。

2022/09/08

こんな仕事があります:オンラインイベントの企画・運営

10188

私たちの部署では、ほぼ毎月オンラインイベントを行なっています。テーマは毎回さまざま。
下川の暮らしの紹介や起業に特化したもの、移住者を紹介するものetc...

イベントを企画して登壇者へ依頼、告知ページを作成し、広告をうち、開催に向けての資料作り。そして本番の運営。
参加者は20-40名ほどです。

オンラインイベントをきっかけに、移住をする人も多くいるのが特徴です。

2022/09/07

こんな仕事があります:仕事のご相談

10169

私たちの部署は無料職業紹介所の機能も兼ねており、下川の仕事情報が掲載されているサイト「下川人財バンク」の運営や、そこにでている仕事の紹介・斡旋なども行っています。

これまでも私たちを通して、多くの方が町内事業所に就職してきました!

2022/09/06

こんな仕事があります:町内のご案内

10156

移住を検討して下川に来町した方にむけて、町内のご案内をします。ご案内するのは、半径1kmの市街地。また、希望があれば15分ほど離れたところにある一の橋地区もご案内しています。

2022/09/04

こんな仕事があります:移住相談(オンライン・オフライン)

10132

zoomや、LINE、メール、電話、直接訪問、SMOUT等移住マッチングサイトのメッセージなど様々な方法で、移住の相談をお受けしています。

相談内容の多くは、仕事のこと、家のこと、子供の教育環境のこと。

様々な質問が飛んでくるので、下川のことをたくさん知って、少しでも多くの正確な情報が届けられるようにしていきます!

2022/09/03

こんな仕事があります:雑誌やウェブ記事の取材に係る調整

10126

下川町を魅力的な町だと認知してもらうため、雑誌やウェブ記事を掲載しています。その際、取材対象者とライター・カメラマンさんにこちらの趣旨を汲み取ってもらえるよう話をしたり、日程を調整したり、取材に同行したりします。下川町のことを知らないライターさんには、町の取り組みや魅力を伝えることも欠かせません。

2022/09/02

急な告知ですが!本日9/2「オンラインタノシモカフェ」開催します🎉

下川の移住コーディネーターの仕事のごく一部ですが、知っていただけると幸いです。ご興味のある方はLINE移住相談にご登録いただき、そちらから「オンラインタノシモカフェ参加希望」とご連絡ください。折り返しURLをお送りします。
本日19:15まで受付けます!

LINEシン・しもかわ羅針盤:
https://lin.ee/znOBNXq

2022/08/25

こんな仕事があります:住宅のご案内

10006

一軒家や公営住宅などの住宅をご案内します。
外国や遠方に住んでいる方には、オンライン内覧をすることも!
一軒家は持ち主さんとの間に入って調整したり、補助金の紹介をしたり、専門的な知識をつけて、移住の第一歩をお手伝いします!

2022/08/24

こんな仕事があります:町民交流会「タノシモカフェ」

9986

移住者がこの町に馴染むきっかけづくり、地元民が町外の人との接点が持てる場づくりとして、毎月1回タノシモカフェを開催しています。スタートして今年で6年目。
食事もちよりのポットラックパーティーで、持続可能な形を目指しています。タノシモカフェの運営が私たちの仕事。

来週9/2(金)は、普段オフラインでやっているタノシモカフェを、新型コロナの感染拡大に配慮して、オンラインで行います。雰囲気だけでもつかんでいただけたらうれしいので、この求人に興味のある方はメッセージでご連絡ください。折り返し参加URLをお送りします!

2022/08/23

こんな仕事があります:移住体験「くらしごとツアー」

9973

下川町では7月と8月、2ヶ月続けてツアーを開催しました。参加者は総勢20名。
町内見学やアクティビティ体験など、楽しく濃ゆい時間をすごしました。
このツアーを通して、移住を決意した人もいて年度内にも移住してくる予定です。

ツアーの機会以外で個別でも移住視察の受け入れをしていますので、お気軽にお声がけください。
町のご案内や仕事・家紹介などが可能です!
下川町に来町の際は、LINE相談窓口をご活用いただけるとスムーズなやりとりができますよ!
LINE移住相談:https://lin.ee/znOBNXq

2022/08/22

下川町の「移住施策」は実は結構注目されている!

移住コーディネーターの私たちには、視察の仕事も多く舞い込んでくる。その内容は「下川町の移住施策を教えて欲しい」というもの。他自治体や大学からの問い合わせが多い。
ここまで注目されていることは、とてもうれしいこと。移住先進地の下川町として、この先もずっと輝き続けていきたい。

2022/08/18

職場の雰囲気は・・・

9904

全員集まるとちょっと大所帯です。
担当分野もさまざま、出社するメンバーも曜日によってちがいます。他にも起業型地域おこし協力隊も同じ事務所に席を置いています。

事務所内は、年齢層がバラバラにもかかわらず写真のようにとても良い雰囲気。1日何度も笑いに包まれます。

全員参加のジンギスカンパーティーも開催したりと仲がよく、町内でも「ここで働きたい」と話す人もいるくらいです。

結婚をきっかけに下川町に移住してはや15年。 趣味は“面白”さがし。 この町は面白い人、面白いモノ、面白いコトがあちこちにあるから、なんだか楽しい(#^^#)
51
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
ご興味のある方は、一度ZOOMで仕事の内容などをご紹介しますね!ご希望される方はSMOUTメッセージでご一報ください〜
icon
下川町、なんだか『面白そう…』。お話する機会をいただけたら嬉しいです。
icon
下川町は何度も訪れ面白い街だなと思ってます。お話する機会があればお願いします。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!