【10/15(土)開催】地域おこし協力隊OBと四国暮らしフェアに参加します!
募集終了
情報を集める
公開日:2022/09/29
終了日:2022/11/15

【10/15(土)開催】地域おこし協力隊OBと四国暮らしフェアに参加します!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

海・山・島・街など多様なライフスタイルが実現できる四国4県(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)が共同で移住・交流フェアを開催!

高知県津野町(つのちょう)も四国暮らしフェア2022に参加します(^^)/

【日時】2022年10月15日(土) 11:00~16:00
【場所】東京交通会館12階カトレアサロンA
    (東京都千代田区有楽町2丁目10-1)
【プログラム】
    11:00~11:40 四国4県の移住相談員による各県魅力紹介セミナー
    13:00~14:00 先輩移住者によるパネルディスカッション
    14:00~15:00 先輩移住者との個別相談
    16:00      終了
    ※終日、四国4県自治体の移住相談ブースにて個別相談を受け付けています。

先輩移住者によるパネルディスカッションには、高知県代表として津野町地域おこし協力隊OBの三原大知さんが参加します(^^)/

【津野町地域おこし協力隊OB 三原大知さんのご紹介】
2018年長野県安曇野市から地域おこし協力隊として津野町に移住。
協力隊任期中のミッションは、茶業振興。荒廃茶園の再生や、フレーバーティーの開発など津野町の特産品であるお茶の振興に奮闘し、地域産業発展への取り組みが評価され、令和2年度ふるさとづくり大賞を受賞。
そんな三原さんは、元気で明るく頼れる兄貴のようなお人柄♪
ぜひ、会いに来てください。

\多くの方に津野町を知ってもらい、好きになってもらいたい/

私たちの住む津野町には、四国カルストや四万十川の源流点、フォレストアドベンチャー高知など自慢できる自然や観光施設がたくさんあります。
でも、住む場所として選ぶ際に重要なのは、日々の生活で触れ合う自然や地域の人々。
津野町は、移住に一番大事な「日々の生活で触れ合う自然や地域の人々」にも自信を持っています。

今回の四国暮らしフェアには、津野町出身の移住担当者と津野町出身の移住相談員で参加します。
津野町ブースにおいでいただいた方々に、津野町の魅力をお伝えできるよう努めますので、ぜひ津野町ブースにおいでください(^^)/

4年に1度の高野農村歌舞伎はコロナ禍のため、中止となりました。 「農村歌舞伎ができんのは、もったいないね」 「今、地域でできることはないろうか」 「農村歌舞伎とキャンドルを合わせて動画で届けよう」 と地域が力を合わせ、動きはじめました。

4年に1度の高野農村歌舞伎はコロナ禍のため、中止となりました。 「農村歌舞伎ができんのは、もったいないね」 「今、地域でできることはないろうか」 「農村歌舞伎とキャンドルを合わせて動画で届けよう」 と地域が力を合わせ、動きはじめました。

農村歌舞伎が続くこと、コロナ禍の収束を願って。 地域の方々の力でキャンドルを灯しました。

農村歌舞伎が続くこと、コロナ禍の収束を願って。 地域の方々の力でキャンドルを灯しました。

\田舎暮らしに興味がある方に出会いたい/

こんな方のご相談、お待ちしています!
・自然が好きな方
・新鮮な野菜や魚が好きな方
・ちょっと不便が好きな方
・地域おこし協力隊に興味のある方
・林業に興味のある方
・農業に興味のある方
・お茶が好きな方
・地域づくりに興味のある方

川で釣ったアメゴは塩焼きにして自然の中で食べるのがおススメ!

川で釣ったアメゴは塩焼きにして自然の中で食べるのがおススメ!

子供たちが集うかわうそ公園には、あちらこちらにかわうそのモニュメント。

子供たちが集うかわうそ公園には、あちらこちらにかわうそのモニュメント。

津野町
津野町まちづくり推進課が紹介する津野町ってこんなところ!

 高知市中心部から約50㎞に位置し、車で約1時間の場所にある人口約5,500人の子育て支援と観光に力を入れているまち。
 まちの自慢はいっぱいあるけれど一番は日本三大カルストの一つ四国カルスト天狗高原の壮大な景色と満天の星。晴れた日には、津野町内どこからでも空を見上げれば星空に出会えるけれど、標高1,400m級の山々が連なる四国カルストからの星空は圧巻で、見渡す限りの星空に感動すること間違いなし。
 他にも、最後の清流四万十川の源流点があるまちとしても知られている。源流点は、今にもコダマが出てきそうな森、足元の岩には苔がむしている森を進んでいくとたどり着く。あちこちの岩々から染み出すように水滴があふれ出て、水滴の一粒一粒が集まり、やがて一筋の清冽な流れとなり、遥か196㎞先の河口を目指す大河となる。
 津野町のひとは、人懐っこくておしゃべり好きで、やさしい人が多くいまち。津野町で新しく何かをはじめるにしても、まずは地域になじむことが大切です。

津野町まちづくり推進課
津野町役場 まちづくり推進課
【やさしいにおいのするまち津野町】  森林が約90%を占め、日本三大カルストの一つ「四国カルスト天狗高原」や、全長196㎞と四国一の長さを誇る日本最後の清流「四万十川の源流点」がある、大自然に恵まれたまち津野町。  そんな自然豊かなまちで暮らす人々は穏やかで温かく、住んでいる地域に愛着を持っている。  大自然と温かい人々が調和し、なんだかやさしいにおいを感じることができる津野町は、移住先としてオススメのまち。
7
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!