瀬戸内海の「教育の島」で一緒に最先端の教育づくりに挑戦してみませんか? 大崎海星高等学校魅力化スタッフ募集!
働く・住む
募集終了日:2020/01/31

瀬戸内海の「教育の島」で一緒に最先端の教育づくりに挑戦してみませんか? 大崎海星高等学校魅力化スタッフ募集!

教育地域おこし協力隊募集ライター・エディター教師・講師学生地域おこし協力隊その他

「今すぐ話を聞きたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

 瀬戸内海のちょうど真ん中に位置する離島の自治体、広島県豊田郡大崎上島町にある大崎海星高等学校は、数年前まで生徒数減少による統廃合の危機に直面していました。そんな高校が、今では生徒数が右肩上がりに増加し、全国各地から入学希望者が訪れる高校へと変貌を遂げています。

 その理由は、高校と地域、自治体が一体となった「大崎海星高等学校魅力化プロジェクト」にあります。慣例として閉鎖的な環境にある高校が「地域に開かれた学校」として門戸を開け放ち、様々な人材が高校へ入り込むことで、教育環境を整える公営塾の運営や、地域の資源を生かした地域学の実施、全国から入学する生徒を引き受ける教育寮の設置など、これまでの高校になかった様々なプロジェクトを推進してきました。

 今回は、「大崎海星高等学校魅力化プロジェクト」で、一緒に最先端の教育づくりに挑戦してくれるスタッフを募集します。

地域の資源を活用した「ここでしか学ぶことのできない」教育を目指す

町に伝わる木造和船「櫂伝馬」で地域の人たちと一緒に宮島を目指す「旅する櫂伝馬」

町に伝わる木造和船「櫂伝馬」で地域の人たちと一緒に宮島を目指す「旅する櫂伝馬」

生徒が考案した「海星バーガー」。地元の名産であるしいたけを使っており、地元のイベントでは即完売となる人気商品になった

生徒が考案した「海星バーガー」。地元の名産であるしいたけを使っており、地元のイベントでは即完売となる人気商品になった

 このプロジェクトが発足したきっかけは、高校が存続の危機に直面したことです。平成26年2月に広島県教委から「今後の県立高校の在り方にかかる基本計画」が発表され、平成29、30年の2年連続で全校生徒数が80名未満の高校は統廃合も含めた検討を行うということになりました。当時の大崎海星高等学校の全校生徒数は67名。このままでは、地元から公立高校がなくなるかもしれないという危機感が高校や地域、自治体を動かし、プロジェクトがスタートしました。

 高校は地域に門戸を開くことで、地域をフィールドとした学びの場の創出を目指し、地域の事業者や高校OBが中心となってこの動きに呼応しました。自治体はプロジェクトを取り仕切る地元出身のコーディネーターを配置するとともに、教育環境を整える公営塾の運営や、地域の資源を生かした地域学の設計・実施、全国から入学する生徒を引き受ける教育寮の設置を推進。公営塾や教育寮には外部から人材を登用するなど、先生だけではなく、様々な大人たちが生徒と関わることによって、「ここでしか学ぶことのできない」教育を作っていきました。

 その結果、平成29年には88名、30年には101名と全校生徒数が増加し、存続の危機から脱出。今では全国各地から入学希望者が訪れるまでになっています。しかし、大学入試の改革など教育業界は大きな変換期を迎えており、地方の小規模校である我々は、いつ時代の波にのまれるかわかりません。

 だからこそ、我々プロジェクトメンバーは立ち止まることなく、地方の末端ともいえる瀬戸内海の離島から常に新しいチャレンジを試みています。

少しでも興味のある方は、とりあえず我々と話をしてみませんか?

公営塾「神峰学舎」の様子。教科学習の他にも様々な分野のゲストを呼んで生徒と意見交換をする機会を設けています

公営塾「神峰学舎」の様子。教科学習の他にも様々な分野のゲストを呼んで生徒と意見交換をする機会を設けています

教育寮「コンパス」入寮式の様子。現在は全国から17名の生徒が入寮しています。

教育寮「コンパス」入寮式の様子。現在は全国から17名の生徒が入寮しています。

 このプロジェクトでは、こんな人との出会いを求めています。

・自分の強みを生かして働きたい人
・「教育×地域」に興味がある人
・新しいチャレンジがしたい人
・島暮らしに興味がある人   など

 実際に、現在は魅力化プロジェクトのサポートをしながら公営塾「神峰学舎」で生徒への指導を行う魅力化スタッフ、教育寮「コンパス」で寮生のサポートを行うハウスマスターを募集しています。詳しくは下記をご覧ください。
http://www.town.osakikamijima.hiroshima.jp/docs/2018053100019/

 現在の魅力化スタッフは、公営塾の業務をこなしつつ高校の授業を受け持ったり、ICT環境の整備を行ったりと、自分の強みを生かしてプロジェクトのさらなる発展に貢献してくれています。また、プライベートでは畑を借りて農業を行ったり、地域イベントの運営サポートを行ったり、生徒と釣りやキャンプに出掛けるメンバーもいます。

 しかし、このページだけでは我々のプロジェクトや大崎上島町の魅力をすべて伝えきれません。なので、とりあえず一度、我々とお話をしてみませんか。実際に会うことができれば言うことはありませんが、メールや電話でも構いません。少しでも興味のある方は「興味ある」「今すぐ話を聞きたい」ボタンをクリックしてみてください。お待ちしております!

 プロジェクトの様子をもっと知りたい人は、下記をご覧ください。

・大崎海星高等学校魅力化プロジェクトFBページ
https://www.facebook.com/kangaku.osk/
・教育寮「コンパス」ブログ
http://blog.livedoor.jp/gakukou_osk/
・大崎海星高等学校みりょくゆうびん局FBページ
https://www.facebook.com/miryoku.okh/
・ベネッセ総合研究所「島全体で子を育てる」
https://berd.benesse.jp/special/manabi/manabi_18.php

大崎上島町
古坂 圭が紹介する大崎上島町ってこんなところ!

 大崎上島町は瀬戸内海の中心部に位置する、人口約7,500名の離島の自治体です。瀬戸内海特有の温暖な気候を生かした柑橘類の栽培や造船業が盛んです。本土とはフェリーで約30分ほどであり、広島空港が近いため、東京からも約3時間ほどで訪れることができます。
 人口減少や少子高齢化が進む町ですが、Iターン者からの人気は高く、5年間で約100名以上が転入し、実質社会増加率は広島県内第1位(過疎指定市町村)となっています。
 また、離島にもかかわらず3つの幼稚園、3つの小学校、中学校、高等学校、高等専門学校、特別支援学校、県立の中高一貫校「広島叡智学園」といった多くの教育機関が点在しており、これらの教育資源を生かした「教育の島」として、各種事業・政策を実施しています。

プロジェクトの経過レポート
667
2019/11/14

【東京でイベント開催!】
11/19(火)に、大崎海星高校魅力化コーディネーターが、株式会社FoundingBaseの夏川戸大智さんの対談イベントに出席します。
 
「教育」と「観光」、分野は違えど、同じ「地域を生かす」ことをミッションとする2人が、地域と関わる魅力や、チャレンジすることの楽しさをお届けします。

また、現場には役場の職員も同行しますので、大崎海星高校魅力化プロジェクトについて直接話を聞いてみたい人は、ぜひともご来場ください。
 
詳細は下記のイベントページをご確認ください。
 
■Flagship/地域の海辺から「  」の未来をつくる人
https://www.facebook.com/events/2322552424631934/

古坂 圭
大崎上島町役場 総務企画課 教育の島推進室
島生まれ島育ち。大学進学を機に島を離れ、東京でスポーツメディアの編集者を経験し、29歳でUターン。役場に勤めて7年目になります。
23
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}