地域に関わるチャンス到来!下川町のゲストハウス『andgram』が今熱い!!

北国UIJターン起業地域活動仕事暮らし移住カメラマン起業家旅人ノマドワーカーその他

「スカウトされたい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
訪問しました!
移住決定しました!

下川町には2018年6月にオープンしたゲストハウス『andgram(アナグラム)』がある。
このゲストハウスのオーナーは、下川に暮らす人の日常が旅人にとっては非日常でドラマティックであることに気づき、ここでの日常を伝えるために立ち上げた。

地域を肌で感じて、ここでの時間がこれからのあなたを作る大切なリソースになると嬉しいです。
道北地区では数少ないゲストハウスであるandgramを拠点にして、道北一帯を旅してみてはいかがでしょうか。

【下川町に暮らす人の日常を、あえて提供するプロジェクト】

下川の雪はパウダースノーだから軽くてたいした苦じゃないから、雪はねにはまってしまう人も。

小さな町でやるイベントは猫の手でも借りたいくらい。やりがいにあふれているから、なんだか楽しい♪

下川町内のお仕事お手伝いや、雪はね、薪割り、畑の手入れ...etc(事前ヒアリング有)
日常を体験しながら、しれっと地域に溶け込もう!
イベントの時期なら、お手伝いをしてくれる方も大歓迎。
人口の少ないこの町は、お手伝いだって一人ひとりの果たす役割がとても大きい。きっと有意義な時間を過ごすことができるはず!

【あなたのスキルを活かした事業アイディアの提案】

andgramから人生を変える一歩を踏み出してみませんか?

落ち着いた客室で、今日のインプットを整理する。明日は、どんな非日常に出会えるかな。

オーナーは下川町の地域おこし協力隊としても働いている。町をよく知る彼女だからこそ、下川町での新たな事業アイディアを提案してみるチャンスです。
都会とはちがってないものだらけ、かつ豊かな資源に恵まれた下川町にはビジネスの種がごろごろ転がっています。町全体に新たなチャレンジを応援する雰囲気があるから、ここは意欲あるプレーヤーが活躍できるフィールドなんです。

プロジェクトの経過レポート

2018年6月のオープンして以来、遠くはアラスカから近くは下川町内まで多くの人に愛される地域のゲストハウス。
天井の電気は、オーナー自ら下川の自然素材を集めて装飾したもの。今の時期は朝晩が冷え込むから、リビングの薪ストーブがパチパチゆらゆら優しく燃えて、このヒュッゲな感じがたまらない。

2018/11/05
タチバナ ユミコ
下川町産業活性化支援機構
結婚をきっかけに下川町に移住してはや15年。 趣味は“面白”さがし。 この町は面白い人、面白いモノ、面白いコトがあちこちにあるから、なんだか楽しい(#^^#)
興味あるを押した人たち(50人)
50
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
地元秋田よりも寒い土地。パウダースノー雪かき、どんなだろう。
icon
ぜひ!!お越しの際はお声がけいただけるとうれしいです。いろいろご案内しますね(^^)
icon
近いうちに実際にどんなまちか行ってみようと思います。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}