【2/20(日)開催!北海道移住のすゝめ2020】今年も開催!移住コーディネーターが企画するオンライン移住相談会に参加します!
情報を集める
開催日:2021/03/28
終了日:2023/03/31

【2/20(日)開催!北海道移住のすゝめ2020】今年も開催!移住コーディネーターが企画するオンライン移住相談会に参加します!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

北海道の移住コーディネーターによる、北海道に移住したい人のためのオンライン移住相談会。

私たちは今までの移住相談を通して、北海道への移住をお考えの方が求めている情報、不安に思っていること、移住のメリットデメリットなど、ピンポイントにお答えすることができます。

まさに、現場の移住コーディネーターの知識と経験を活かした移住相談会。
栗山町も参加します!

まずはお知り合いになりましょう。
どんなことでもお気軽にご相談ください。
あなたに合うまちが、きっとあるはずです!

【イベント概要】

◆イベント名:『北海道移住のすゝめ』
◆開催日時:2021年3月28日(日)10:00~18:00
◆開催場所:オンライン
◆参加費:無料
◆参加自治体:厚真町、上川町、喜茂別町、栗山町、下川町、新ひだか町、伊達市、中川町、ニセコ町、美瑛町、深川市、三笠市、芽室町、八雲町、利尻富士町
◆主催(企画・運営):合同会社まるめがね、下川町産業活性化支援機構、伊達観光物産公社
◆相談予約は特設サイトから:https://hokkaido-iju-susume.com/
※イベント参加ご希望の方は「興味ある」「応募したい」を押してください!

ほっかいどうはでっかいどう。みんなちがって、みんないい。

ひとくくりに「北海道」といっても、実はそれだけでは語りつくせない魅力と違いがあることをご存知ですか?

例えば、めちゃくちゃ雪が降る地域もあれば、冬でもスニーカーで過ごせる地域もあり。
広大な大地が広がっているかと思えば、ノスタルジックな建造物がところどころあったり。

「どこに住もうかな?」と迷う気持ち、わかります。

今回の「北海道移住のすゝめ」では、北海道内に散らばる16自治体が参加。
実際に現場で移住相談に携わっている移住コーディネーター、地域おこし協力隊、役場担当者が、日々抱いていた「こんな移住フェアがあったらいいな」を実現するため、日夜アイディアを出し合って作り上げています。
特設サイトをチェックしていると、少しずつバージョンアップしているのがわかるはず。

でも、いきなりオンラインで移住相談って、敷居が高いですよね?

『北海道移住のすゝめ』では、そんな声にも応えるべく、事前に視聴できるコンテンツや、
当日の各自治体担当者の楽屋トークやチャットなどもご用意します。
ちょっとのぞき見するだけで、たくさんの情報を収集することができますよ!
そこで「ここのまちいいな」「ちょっと話を聞いてみたいな」と思ったら、その場で個別相談を申し込んだっていいですし、もっとご自分で詳しく調べたっていい。

ちなみに、栗山町の個別相談は、「世間話をする感覚でお気軽に」をモットーにしています。

まずはゆるーく、気楽につながっていきましょう。

「…栗山町って、どこ?」-まずはそこから!

「…栗山町って、どこにあるんですか?」

わかります、その気持ち。
移住相談で聞かれること第1位といっても過言ではありません。

でも、この質問は私にとって「待ってました!」のパワーワードです。
そこからどんどんお話しできるんですから!

栗山町は札幌市やその周辺都市からも近く、利便性と豊かな自然の両方を兼ね備えており、田舎暮らしには憧れるけどなかなか一歩踏み出せないという方におすすめのまちです。

かくいう私も町外の出身者ですが、ひと言でいうと栗山町は「住みやすい」。

田舎過ぎるのは困るけど、都会には住みたくない。気軽に都市部に出かけられる場所がいいと考える我が家にとっては、まさに「ちょうどいい」まち。

実は周辺の町からどっさり人が訪れる公園があったり、炭鉱の発展・衰退とともに生きてきた酒蔵の歴史を語ってくれる人がいたり、実際に見聞きすることでわかる、このまちの面白さ。

皆さんとの個別相談が、それをお伝えするきっかけになればいいな。と思います。

初夏にはじゃがいもの花が一斉に咲いてきれいです。

初夏にはじゃがいもの花が一斉に咲いてきれいです。

北海道最古の酒蔵がある、自然と歴史が調和したまち。

北海道最古の酒蔵がある、自然と歴史が調和したまち。

イベント・ツアー内容

開催日程:2021年03月28日

所要時間:10:00~18:00

費用:無料

集合場所:オンライン(Zoom使用)

解散場所:

スケジュール

「北海道移住のすゝめ」特設サイトでは、参加16自治体の情報を見ることができます。
個別相談予約も受け付けています。要チェック!!
https://hokkaido-iju-susume.com/

●参加自治体(五十音順)
厚真町・上川町・喜茂別町・栗山町・下川町・新ひだか町・伊達市・中川町・中標津町・ニセコ町・美瑛町・深川市・三笠市・芽室町・八雲町・利尻富士町

栗山町
コシモト エリサが紹介する栗山町ってこんなところ!

・「北海道でとれる農作物はだいたい栗山町でもとれる」といわれるほど、多種多様な農業ができるまち。北海道産の原料にこだわった酒造りをしている小林酒造では、夏は農業、冬は蔵人として働く人も。自然の恵みと老舗酒蔵の歴史が一体となっています。
・春には「老舗まつり」、夏には「くりやま夏まつり」、秋には栗山天満宮の「秋まつり」を開催。特に「秋まつり」では、3日間で10万人を超える人が訪れます。その数、栗山町の人口の約10倍!
・「くりエイトするまち栗山町」が合言葉。栗山駅前にある「くりやまクリエイターズマーケット」は町が運営しているハンドメイド雑貨店。ものづくり作家さんの作品販売や手作り体験を行なっており、人々の交流が生まれる場となっています。

コシモト エリサ
北海道栗山町 移住コーディネーター
こんにちは。 美味しい日本酒と国蝶・オオムラサキ国内北東限生息地のまち、栗山町で移住コーディネーターをしています。 結婚を機に縁もゆかりもなかった栗山町に移り住んで15年。 現在、夫・娘3人と暮らしています。 栗山町に住み始めたころは人との交流が少なく、孤独を感じることもありました。 でも、今では自分だけでなく、家族ひとりひとりを通じて枝状に知り合いが増え、毎日おもしろおかしく過ごしています。 もう寂しくありません! そんな経験から、私は栗山町に移住したいという方々を全力で歓迎します! まずは一度、栗山町に遊びに来てください。 お待ちしています。
25
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
現地での就職事情についてお聞きしたいです。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}