“木のプロたちと一緒に現場で学ぼう!”地域産材を活用した空間づくりのお手伝いを募集してます。
募集終了
体験する
公開日:2021/11/08
終了日:2022/03/31

“木のプロたちと一緒に現場で学ぼう!”地域産材を活用した空間づくりのお手伝いを募集してます。

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}
もっと見る arrow

旧明倫小学校舎は昭和10年に「藩校明倫館跡地」に建てられた木造校舎。
平成27年に学校としての役割を終え、4棟のうちの2棟は新たな萩の観光起点「萩・明倫学舎」として生まれ変わりました。
手つかずだった残りの2棟が令和4年度から活用開始となります。

萩市では、この木造校舎の1教室を活用して、移住・定住を希望する方の総合相談に加え、萩と関わりたい人と地域をつなぐための新たな拠点を整備します。この場が、地域の人や萩と関わりたい人が何度も訪れたくなるような空間になるよう、これから地域内外の人の手を借りて5回のワークショップで仕上げていきます。

動画は萩暮らし案内所の重要な役割を担う「萩map」を検討している様子です。

地域内外の人が行き交う場所をつくりたい

現在、萩市役所内に移住希望者の定住総合相談窓口「萩暮らし応援センター」が設置されています。ここでは、移住支援員3名が、移住希望者からの相談対応や空き家案内を行い、萩市への円滑な移住と定着を支援しています。市の庁舎内で行っていることから、相談時間は、平日の9時から17時までとなっております。   
そのため、土日祝日や夕方の相談を希望される方がいらっしゃる場合には、事前に予約を頂いた上で対応しているところです。

\もっと、気軽に立ち寄れる場所へ/

新たに開設する「萩暮らし案内所」は、移住希望者だけではなく、地域住民や地域外の人が気軽に寄って、自然な交流が生まれる場所にしたいと考えており、開設時間や開館日も工夫して利便性も高めていく予定です。
移住相談だけではなく、萩とゆるく関わりを持ちたい人に、関わりを持つきっかけとなる情報を提供できる場を目指しております。

4棟のうち2棟は「萩・明倫学舎」として生まれ変わりました

4棟のうち2棟は「萩・明倫学舎」として生まれ変わりました

1教室66.2㎡。この空間を活用します!

1教室66.2㎡。この空間を活用します!

萩が大好きなあなた!萩を知りたいあなた!に応援してほしい

萩暮らし案内所は、地域の人や関わりたい人が何度も訪れたくなるような「空間」を育てていくワークショップを開催しながら整備していきます。萩地域産材を使用し、地域内外の人が関わりながら作り上げた空間は、きっと、また来たくなる場所になるはずです。

萩暮らし案内所(仮)空間づくりワークショップ 
①11/23(火・祝)10:00~15:00 黒板を作ろう!!
 案内所の大事なスポットである大きな黒板をDIYで作ります。
②11/27(土)9:30~12:00 森の見学会~木が木材になるまで~
 木が育つまでの時間・流れ、森と人の関わり方を学びます。
③11/27(土)13:30~16:30 大きなテーブルを作ろう!!
 実際に木材を使って家具職人の匠と一緒にテーブルを作ります。
④12/11(土)10:00~15:00 家具を一緒に組み立てよう!!
 家具職人の匠と一緒に、加工した木材を組み立てます。
⑤12/19(日)10:00~14:00 交流会!この場所の名前を考えよう!
 このプロジェクトに関わった人との交流をしながら、この場のネーミングをみんなで考えます。

こんな人に参加してほしいです。
・萩が大好きな人
・萩を応援してくれる人
・地域間交流したい人
・DIYに興味がある人
・匠と交流したい人
・木材を使用した空間づくりに興味がある人
・新たな交流拠点に興味がある人

参加できない人も、「興味ある」ボタンより応援よろしくお願いします!!

申込はこちらから▶https://note.com/kentaooe/n/n1d0e2d8cf092

この壁面に5メートルの「萩マップ」をつくります

この壁面に5メートルの「萩マップ」をつくります

詳しくはこちら

詳しくはこちら

「萩暮らし案内所」整備プロジェクトメンバーは最高のチームワークです

プロジェクトメンバーとの打ち合わせ風景

プロジェクトメンバーとの打ち合わせ風景

みなさんの力をお借りしたい!応募まっちょるよ。

みなさんの力をお借りしたい!応募まっちょるよ。

萩市
釼物佳代子が紹介する萩市ってこんなところ!

萩市は、海・川・山に囲まれ日本で唯一「江戸時代の地図がそのまま使える町」。
歴史ある町として守ってきた萩らしさは「萩のおたから」です。近年、若い人の移住が増え、萩らしさ×〇〇なコトが起こり、伝統を守りながら新しい場も誕生しています。面白いヒトや場が増えると、自然とそこには人だまりができています。
萩には多種多様な価値観の人が暮らしています。「理想とする暮らし」は自分で決めること。萩でヒトを通じ、自分の生き方・暮らし方・働き方を見つめなおしてみませんか。
「Living in HAGI 8K - 萩に住む」
https://www.youtube.com/watch?v=rUEGAZPQxqA

プロジェクトの経過レポート
2022/01/09

(仮称)萩暮らし案内所のオープンまであと3か月

7034

このプロジェクトで開催するワークショップはすべて終了いたしました。
ワークショップの様子はYouTube配信しております。
ご覧ください!
https://www.youtube.com/channel/UC2evR8PEYodxw6KmCo_Qq8A

2021/11/30

空間づくりワークショップ① 黒板と萩map完成!

6542

ワークショップで制作した黒板とmapの設置が終わりました。すごく迫力があります!
設置の様子↓↓
https://youtu.be/HFkbbxH9vCo

ワークショップは残すところ2回。
まだ参加者募集してます。

2021/11/26

空間づくりワークショップ① 黒板と萩mapづくり頑張りました!

6484

2021.11.23(祝日)
萩市内外から11名の方にお手伝いしていただき、萩暮らし案内所のシンボルとなる黒板と萩mapの制作を行いました。

12/11(土)と12/19(日)はまだ空きがあります。応募待ってます!

2021/11/19

木の匠と一緒に作業しよう!

6375

ワークショップは各分野の匠と一緒に作業します!
匠の紹介
 中原木材工業 中原忠弦さん
 https://www.hinagata-mag.com/comehere/2539

2021/11/11

萩暮らし案内所(仮)空間づくりワークショップ来県交通費支援

6221

萩暮らし案内所(仮)空間づくりワークショップに参加の方で県外からお越しの人は、来県時の往復交通費(公共交通機関利用分に限る。)の1/2(上限3万円)を補助する関係人口来県支援交通費補助金がご活用できます。
https://www.ymg-tunagaru.jp/archives/project

釼物佳代子
萩市おいでませ、豊かな暮らし応援課
萩暮らしの体験や魅力の発信による移住・定住促進に関わる業務をしています。 萩市のSMOUTページからは、行政情報だけではなく「ゆるめのローカル情報」も発信しています。萩市が2年連続上位(2020年第3位、2021年第1位)にランクインしたのは、官民連携したチームが一体となり、最新のトレンドを分析しながら、移住促進、関係人口づくりに取り組んだ成果だと思っています。 今後も、魅力あるプロジェクトを発信し、萩に関わる人を増やせるよう取り組んでいきます。
33
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
やりがいがありそうで、大変興味を持ちました。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!