陶の郷、益子のDMO新法人で、デジタルマーケティングやECサイト構築・設計業務推進中!未経験者でもスキルアップ可能です!
募集終了
働く・住む
公開日:2021/11/05
終了日:2022/12/01

陶の郷、益子のDMO新法人で、デジタルマーケティングやECサイト構築・設計業務推進中!未経験者でもスキルアップ可能です!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

益子町では今年3月2日に、観光庁の登録認定を目指したDMO法人「ましこラボ」を設立し、DMO概念とする『地域の「稼ぐ力」を引き出し、観光地域づくり実現のために戦略策定をする官民混合の組織』として、滞在型の観光地をつくってまいります。
DMO法人「ましこラボ」が興す基礎的な役割のひとつとして、観光地域マーケティング・マネジメント機能があり、各種データ等の継続的な収集・分析、データに基づく明確なコンセプトに基づいた戦略の策定を行っていくための具体的事業として、WEB陶器市の運営・ふるさと納税自主サイト立上げ・地域共通ポイントカードシステム導入等による観光マーケティングと町内循環型経済の構築事業と、地域の方と一緒に地域資源を見直し新たなツーリズム事業を開拓しようと活動をしてまいります。

益子町の魅力を掘り起こし、発信するための活動をしています

行政や地域住民、関係団体などと連携し、次に掲げる活動に従事していただきます。
DMO法人「ましこラボ」に関する事業
・Web陶器市の事務局運営、規模拡大に向けたマーケティング
・ふるさと納税独自サイト立上げに伴う実務
・地域の方と地域資源の掘り起こし、新商品開発のコーディネート
・関係団体へのヒアリング、現状の把握、今後の事業展開の提案
・SNSを活用したプロモーション及びSNSの管理運用
・事業達成に向けての活動全般

益子WEB陶器市の主催・運営も行います

益子WEB陶器市の主催・運営も行います

オフィスでの作業風景

オフィスでの作業風景

マーケティングやプロモーションで地域の魅力を発信したい方募集

一般社団法人ましこラボでは【益子WEB陶器市】を主催しております。加えて、食品のECサイト立上げ等、デジタルに関する事業展開を多く計画しております。
また、コト消費事業として旅行商品の開発、造成にも取り組んでまいりますので、下記のような経験・スキルを持った人材や、未経験でも下記経験・スキルの習得を希望される方からの応募をお待ちしております。
※デジタルに関するスキル及び経験の有無は問いません。
※本プロジェクトで活用・習得できるスキル
・Webサイトの立上げ、運用
・デジタルマーケティングのスキルと知識
・書類作成及び、プレゼンテーション能力
・コト消費、モノ消費における新商品企画、開発
・地域事業者に対し、成果状況に応じた次のアクションや施策の提案
・地域経営を主軸とした、事業設立から経営ノウハウ

町内の観光中心地にオフィスがあります

町内の観光中心地にオフィスがあります

1階がオフィスになります

1階がオフィスになります

任期終了後はプロパー職員としての継続雇用もご検討いただけます!

地域おこし協力隊員としての所属は、益子町役場観光商工課となり、当法人への出向という形で勤務いただきます。
最大3年間の勤務を予定しており、任期終了後は当法人のプロパー職員としての継続雇用もご検討いただけます。

採用時期は2022年2月を予定しておりますので、下記URL(益子町役場HP)にアクセスいただき、ご確認ください。
http://www.town.mashiko.tochigi.jp/page/page002933.html
直接応募される場合は、プロジェクトページ内の「興味ある」ボタンを押していただくようお願いいたします。
ご不明な点などあればお気軽にお問合せください。

【業務に関すること】
一般社団法人ましこラボ(益子町DMO):橋本(はしもと)

【待遇・給与・地域おこし協力隊制度等に関すること】
益子町役場 観光商工課 タウンプロモーション係:板野(いたの)

開設時メンバー

開設時メンバー

益子町
益子町役場が紹介する益子町ってこんなところ!

益子町は、首都圏から約100km、栃木県の南東部茨城県境に沿って走る八溝山地の麓に位置する、美しい自然と豊富な文化財を擁し、伝統を継承しながらも自由な気風を持ち合わせた町です。民藝運動の陶芸家、濱田庄司が暮らした町として有名ですが、近年は陶芸のイメージだけではなく、おしゃれなカフェやパン屋、様々な手仕事、農家の方がつくるこだわりの野菜や果物など、それらを包括した「益子の暮らし」に魅力を感じ、益子を訪れる方も増えています。
ゆっくりとした時間が流れる里山の暮らしを愛し、丁寧な手仕事に美しさを見いだす。今もなお、それを大切にしている益子の暮らし(ライフスタイル)には、多様性と創造性が同居し、日常の景色や営みも豊かに多層的に広がります。

益子町役場
益子町役場タウンプロモーション係
益子町は、広大な関東平野が終わり、北へ連なる山々が始まる場所に位置します。四季折々の豊かな自然と、八溝山系の里山に育まれたこの土地では、焼き物の原料となる良質の陶土を産出します。掌で包むと、土のぬくもりがじんわりと伝わってくる焼き物は、”益子焼”として日本のみならず、海外にも知られるようになりました。また民藝運動の拠点として、昔から町内外の陶芸家を受け入れてきた進取の気性に富む土地柄も大きな魅力です。長い間培われてきた歴史と文化、豊かな自然に触れるたび、益子の奥深さを味わうことができます。
11
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!