【9/24(土)開催】ふるさと回帰フェア2022「前夜祭」で萩市の移住促進の取り組みについてお話させていただきます!
募集終了
情報を集める
公開日:2022/09/05
終了日:2022/09/25

【9/24(土)開催】ふるさと回帰フェア2022「前夜祭」で萩市の移住促進の取り組みについてお話させていただきます!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

ひょんなことから、国内最大級の全国移住マッチングフェア「ふるさと回帰フェア2022」の前夜祭で、萩市の移住の取り組みやこれからの展開についてお話することになりました。

ちゃんとしたパネリストなんてやったことのない素人に、こんな大役が舞い込む。
なんでだろー?なんでだろー⁇ ですが、
お受けしたからには、きちんとお役にたてるよう頑張りたいと思います。

場所:東京国際フォーラム ホールB7 JR・東京メトロ有楽町駅より徒歩1分

「第18回ふるさと回帰フェア2022」特設サイト↓
https://event.furusatokaiki.net/fair2022/

人口約4万4千人のちょうどいいまち\山口県萩市/

登壇が決まってから、こんな私が何を話せばいいのか?萩市はそんな人前で話せることやってるのか?そんなことをずっと考えていました。

でも、振り返って考えてみると、移住定住促進の担当となった2017年4月に比べると、いろんなコトに挑戦し、いろんなヒトと繋がったなーと思いました。
当日は、担当になってから取り組んできたことを、いいこともダメなことも隠さず話します。

【主な取り組み】
①萩への移住を検討している人や、萩と関わりたい人と地域をつなぐための新拠点「はぎポルト‐暮らしの案内所‐」の開設

移住希望者や移住された方にとって市役所は気軽にこれる場所ではありません。特に移住された方がちょっとしたお困りごとや近況報告など私たちに話たいと思っても、市役所へ行かなければ会えないという問題がありました。
そこで、庁舎外に地域内外の人がふらっと立ち寄れる場所をつくりたいと思い、2022年4月に「はぎポルト‐暮らしの案内所‐」をオープンしました。
はぎポルト‐暮らしの案内所‐について▷https://smout.jp/plans/7024

②長州藩武具方御用達商人「梅屋七兵衛」が隠居生活をしてた旧宅をお試し暮らしに整備

これまで萩市にあったお試し暮らし住宅は、むつみ地域という農業が盛んな中山間地域にありました。移住したい人の中には、城下町の風情漂う萩で暮らしたい、海が近いところで暮らしたいといった方も多くいらっしゃいます。
そんな方が、お試し暮らし体験できる住宅があればもっと気軽に萩暮らしができると思い、伝建地区にある文化財施設を、お試し暮らし(愛称は:#梅ちゃんち)に整備しました。
#梅ちゃんちについて▷https://smout.jp/plans/2395

<お得な情報>現在、約100年JR三見駅の駅舎として活用した建物をお試し暮らし住宅に改修中です。2023年冬にオープン予定です!列車を間近に見ながら仕事ができるので、ワーケーションやテレワークに最適です。後日、SMOUTを通じてプロジェクト紹介します!

③ゆるーく繋がる萩のファンづくり
若い方にとって、萩市への移住はハードルが高いです。そこで、まずは、萩を知っていただき、萩を好きになって、萩を継続的に応援してくれる人を増やしたい!そんな思いから始めた女子旅企画「ひとに出会うご縁の旅」。参加者とは今でもゆるーく繋がってます。コロナで2年間中止しましたが、2023年3月に実施予定!絶対後悔させないご縁を提供します。

また、令和2年度からは、移住スカウトサービス「SMOUT」の活用も開始し、オンライン上で多くの萩ファンづくりを行っています。昨年は、SMOUT移住アワード2021では国内520地域の中で1位を獲得しました。関係人口を増やす目的で活用したSMOUTですが、結果的にはSMOUTからの移住者も多く、うれしい結果となっています。
萩市のプロジェクトに、たくさんの「ファボ」いただきありがとうございました。
SMOUTアワードについて▷https://smout.jp/plans/7155

多くの方が見学しにきてくれています

多くの方が見学しにきてくれています

萩市産材で作った空間はヒノキのいい香りが漂います

萩市産材で作った空間はヒノキのいい香りが漂います

前夜祭の記念講演では、群馬県知事山本一太氏のお話が聞けます。

【第18回ふるさと回帰フェア2022】

前夜祭シンポジウム
日時:2022年9月24日(土)15:00~17:40 
会場:東京国際フォーラム ホールB7
内容:
〇記念講演 山本一太(群馬県知事)
15:10~16:10
「移住推進のための戦略的地域づくりとは」
〇パネルディスカッション
16:20~17:40
「地方移住の20年、さらなる飛躍のために」
<パネリスト>
山本 一太/群馬県知事
大村 慎一 /総務省新型コロナ対策地方連携総括官 兼 大臣官房地域力創造審議官
釼物 佳代子/萩市総合政策部 おいでませ、豊かな暮らし応援課 課長補佐
高橋 公 /認定NPO法人ふるさと回帰支援センター 理事長
<モデレーター>
山下 祐介/東京都立大学人文科学研究科 教授(社会学)
・各団体おすすめ資料&情報コーナー

精一杯頑張りますので、興味がある方はご来場ください。お待ちしております!
事前予約申込▷https://event.furusatokaiki.net/fair2022/symposium/apply/

参加をご希望の方や応援していただける方は、「興味ある」「応募したい」を押していただき、チャットにて一言メッセージをお願いします。

ふるさと回帰フェアのイメージです

ふるさと回帰フェアのイメージです

山口県ブースでまっちょります!

山口県ブースでまっちょります!

文化財を活用したお試し暮らし住宅「#梅ちゃんち」

文化財を活用したお試し暮らし住宅「#梅ちゃんち」

SMOUT移住アワード2021で全国1位に輝きました

SMOUT移住アワード2021で全国1位に輝きました

萩市
釼物佳代子が紹介する萩市ってこんなところ!

萩市は歴史の町として有名ですが、移住者の方が始めた飲食店や地域の方がチャレンジしたカフェなど新しいスポットも少しづつ増え、歴史と新しさとが混在している面白い町です^^
素敵な方たちもたくさんいます!
色々な人が交わることで、あたらしい萩の魅力に出会えるかも・・・

暮らしの豊かさが味わえる町・萩市で、楽しく過ごしている人達に出会いませんか?
お気軽にお問合せください^^

プロジェクトの経過レポート
2022/09/28

やりきりました。

10528

未熟者の私にはとても重たい任務でしたが、多くの人に支えられながら無事にパネルディスカッションを終えることができました。
今後とも萩市を応援よろしくお願いします。

日本農業新聞にも掲載されたので見てね!
https://www.agrinews.co.jp/news/index/105787

釼物佳代子
萩市おいでませ、豊かな暮らし応援課
萩暮らしの体験や魅力の発信による移住・定住促進に関わる業務をしています。 萩市のSMOUTページからは、行政情報だけではなく「ゆるめのローカル情報」も発信しています。萩市が2年連続上位(2020年第3位、2021年第1位)にランクインしたのは、官民連携したチームが一体となり、最新のトレンドを分析しながら、移住促進、関係人口づくりに取り組んだ成果だと思っています。 今後も、魅力あるプロジェクトを発信し、萩に関わる人を増やせるよう取り組んでいきます。
9
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!