温泉ホテル「ポンピラアクアリズイング」 地域の食材でお客様をもてなす料理長と料理人募集!!!
募集終了
働く・住む
公開日:2021/03/24
終了日:2021/04/30

温泉ホテル「ポンピラアクアリズイング」 地域の食材でお客様をもてなす料理長と料理人募集!!!

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

北海道北部の町、中川町。天塩川のほとり、森に囲まれた温泉ホテル「ポンピラアクアリズイング」では、料理長と料理人を募集しています。日本の畑作のほぼ北限に位置する中川町では冷涼で寒暖差のある気候を生かした安心安全な野菜が豊富です。ヤマメなどの川の恵み、山菜やキノコなどの森の恵みも盛りだくさんです。農家や商工会、農協などが一丸となって進める中川町産牛肉の特産品化も進められています。

近年、森林や川、自転車やカヌーなどのアウトドア体験を中心に多くのお客様にポンピラアクアリズイングを訪れていただいていますが、素晴らしい食材を余すところなく生かし切る料理人が足りません。農家などの生産者はもちろん、農業6次化を担当する地域おこし協力隊や、アウトドア観光振興を担当する地域おこし協力隊とも連携し、中川町産食材を生かしてくれる料理長と料理人を募集します。

中川町の魅力的な食材を生かしてくれる料理長と料理人を募集したい!

料理長と料理人に勤務いただく施設は、中川町民と周辺住民に古くから愛されてきた「誉平温泉(ぽんぴら温泉)」が湧く温泉ホテル「ポンピラアクアリズイング」です。森に囲まれ、川に面しており、臨森林型リゾートとして建設されましたが、近年は工事関係者や視察来町者も多く、ツーリストをはじめ様々な方が利用されています。もちろん、中川町民や周辺住民のみなさんが、温泉やレストランを利用されることも多いですし、隣接するキャンプ場滞在者が利用することも多い施設です。
中川町は畑作の北限地であるため、冷涼な気候を生かした低農薬野菜が豊富です。なかでもアスパラ、カボチャ、じゃがいもなどの北海道らしい野菜類は市場でも評価が高く、小ロットながらスティックセニョール、ロメインレタス、各種ハーブ類などの西洋野菜なども生産されています。また、自然に恵まれた中川町では、春から秋にかけて、数多くの山菜やキノコ類が採取可能で、多くの釣り人を魅了する天塩川水系から釣りあげられた川魚も豊富です。車で30分~1時間走れば日本海にもオホーツク海にも到達できる位置にあるため、新鮮な海産物も調達可能です。
この4月からは、農業6次化をテーマに活動する地域おこし協力隊や、アウトドア観光振興をテーマに活動する地域おこし協力隊も仲間に加わり、様々なテーマでレシピ開発やレストランでの料理提供を検討いただけます。
中川町内には、陶芸家、木工作家、樹皮細工作家、笹籠作家などが相次いで移住してきており、食材だけでなく、器と組み合わせた展開なども可能となっています。

中川町木材で作られた木の器と中川町産ロメインレタスのサラダ。

中川町木材で作られた木の器と中川町産ロメインレタスのサラダ。

中川町産陶器とスティックセニョールの塩ゆで

中川町産陶器とスティックセニョールの塩ゆで

地域の食材を発掘し、魅力的な料理を提供したい料理人を探したい!

・中川町内と、近隣市町村の食材をかけ合わせ温泉ホテルのレシピ開発や料理を提供してくれる人(料理長)
・料理長と連携し、一緒にレストランを運営してくれる人(料理人)
・農業6次化担当やアウトドア観光振興地域おこし協力隊と連携し、レストランメニューや特産品、アウトドアイベントや体験時のメニュー開発をやってくれる人
・農林漁業に興味関心があり、食をつうじた地域振興に興味関心がある方

明るく清潔な大浴場。浴場からは森林が一望できる。

明るく清潔な大浴場。浴場からは森林が一望できる。

森林に面した温泉ホテルのレストラン。

森林に面した温泉ホテルのレストラン。

料理長と料理人を募集!料理長は要調理師免許、料理人は経験者歓迎

●料理長
内容 レストランでの調理業務(副支配人級)
資格 要調理師免許、経験者歓迎
時間 5時00分~20時30分、実働8h ※シフト制
休日 月9日 ※シフト制
給与 月250,000円~350,000円

●料理人
内容 レストランでの調理業務
資格 経験者歓迎
時間 6時00分~20時30分 ※シフト制
休日 月9日 ※シフト制
給与 月250,000円~320,000円

現在宿泊者に提供されている夕食膳

現在宿泊者に提供されている夕食膳

隣接するキャンプ場では焚火を囲んだり、ハンモックでゆったりと。

隣接するキャンプ場では焚火を囲んだり、ハンモックでゆったりと。

中川町
高橋 直樹が紹介する中川町ってこんなところ!

北海道北部の町 中川町。人口1400人と少しの小さな町です。町の真ん中を天塩川が流れ、町の87%を森林が占める森と大河の町です。中川町には、白樺樹皮や笹竹などの森の恵みでものづくりをする移住者からなる手仕事組合「森と手と」が活動するなど、地域の資源や環境と寄り添い生業を立てる方々が多く暮らしています。また、近年広大な土地を生かし、新規就農制度を活用して放牧酪農を始める人がたくさんいます。

子育て支援制度も充実しており、18歳以下医療費無料、保育料は第1子国基準の1/2、第2子以降無料、3~5歳児無料、そのほか就学後の児童の見守りを目的とした放課後児童クラブ(学童保育)事業や、未就学児を持つ保護者の支援を目的にした子育て支援事業などのメニューが展開されています。

プロジェクトの経過レポート
2021/04/19

多数の皆様のご応募のおかげで本プロジェクトは応募を終了します。春からは新しいスタッフのもと新しいレストランメニューが登場します。

新しく生まれ変わるポンピラアクアリズイングにもご注目下さい!

高橋 直樹
中川町役場
北海道の北部で生まれ、大学時代に札幌市で暮らした以外は、ずっと北海道北部で暮らしています。道北の森の町中川町で行政職員をしており、今は地方創生や町の総合計画、移住定住政策を担当していますが、最も得意なのは森林管理です。
16
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!