元千枚田のある「梨子ケ平(なしがだいら)」地区の古民家を改装。移住希望者の方へのなりわい作りに向けて。まずはアースオーブン作ります。
体験する
開催日:2021/07/30
終了日:2022/12/31

元千枚田のある「梨子ケ平(なしがだいら)」地区の古民家を改装。移住希望者の方へのなりわい作りに向けて。まずはアースオーブン作ります。

pin 福井県越前町
(サブエリア: 福井市)

「応募したい」より気軽に、興味がある・応援したい気持ちを伝えることができます。

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}

昨年より、
『「植物も人も動物も共に暮らせる自然環境」を目指して。 移住住職と共に越前岬地区を持続可能な地域・オーガニックベジタウンにしていきませんか。』
というプロジェクトを始めています。
今回はそのプロジェクトの一環として、
私達の住んでいる越前岬近く・八ツ俣地区のいただき繕福井越廼より車で5分の
隣集落・梨子ヶ平地区の築100年の古民家・恩海(おんみ)
にて、
福井の赤土や、越前瓦を利用した自然素材の手作りオーブン&かまどを作ります。

この元千枚田、昔はすべて水田でしたが、今は多くの場所に水仙が植わっています。
今年からこの元千枚田の一枚をお借りしてお米を作り始めました。

今回作るアースオーブン&土かまど。
今年の目標は
この千枚田で作ったお米(もち米)で土かまどを使って、餅つき大会をすること。
「地元の方と参加者で一緒にお餅を食べる」
ことです。
地域内外の方々が、自然の美味しさ、力強さ、偉大さに気づく学びの機会になることを願ってます。

※私のこと
ここには6年前に移住しました。
往時は80名以上住んでいましたが、今は私達他数人だけ。
子供ができ、さて、どのように育てていったらよいのか、日々模索する中、この類まれな自然環境を十二分に生かすには、思いを共にする人たちの協力が必要だと感じ、
今までに少しづつですが、
・無農薬の畑の農体験・収穫体験
・「精進料理」教室の開催
・子供合宿や森の幼稚園のフィールドとして
などを集落で取り組むことにし、国内外から様々な方が年間100名以上訪れる結果となっています。
また、集落でWWOOFを受け入れ始め、毎年国内外問わずこちらに滞在する方々もいます。
(※WWOOFウーフ:World-Wide Opportunities on Organic Farms 有機農場で働きたい人の意)
オーガニックや持続可能な衣食住を意識する方々が集まり、「オーガニックベジタウン」構想を持つに至っています。

越前岬地区を持続可能な地域・オーガニックベジタウンにしていきませんか。

私自身も移住者です、そして移住住職でもあります。
生活のベースとなる、越前岬地区の八ツ俣地区の古民家には7年前に移住。

その後、2014年10月に、主として
①ヴィーガン(ベジタリアン)料理の提供
②無添加・無農薬の自然な食料加工品を販売する
「いただき繕福井越廼(ふくいこしの)」を開業しました。
さらに、古民家の魅力を発信するべく、農家民宿も開業しました。
2015年、隣集落のお寺に参拝し、その時の法話を聞いたことがきっかけで仏道を志すことになり、2016年6月に得度。
2017年9月、後継者がおらず、寺院解散の危機であった隣町のお寺・善性寺の住職に就任。

見渡せば、空き家だらけの越前海岸地区。しかし、その空き家はこの地区の宝物だと確信し、空き家ツアーなどを数度行いました。
そして、山と海に囲まれ、無数の耕作放棄地や果樹などが存在する、類まれな自然環境もあります。

今回は、その福井県越前岬近く・血が平地区内の古民家にオーブンとかまど作ります。

家前には小さなオーガニック畑もあり、将来的には世代を越えて生きる智恵を学び体験する場所にしたいと願っています。
また、元栗畑と元みかん畑もあり、今でも実をつけ、その恵みをいただくことができます。

この場所にオーブンとかまどができることで、地域内外の方々が、自然の美味しさ、力強さ、偉大さに気づく学びの機会になることを願ってます。

☆どんな人と作る?
講師クドウシュウジさん
https://greenz.jp/2019/10/21/earth_oven/
☆何するの?
古民家裏のスペースに設置予定

1 砂、瓦、レンガ、土を運ぶ

2 土を手足で練る

築100年古民家「恩海おんみ」

築100年古民家「恩海おんみ」

古民家からの元千枚田の景色

古民家からの元千枚田の景色

可能性は無限大。衣食住に携わる仕事を共に創っていきませんか。

・生き方を変えて、本気で移住を考えている方
・まわりの自然環境を活かした衣食住に携わりたいと考えている方
・自然環境を活かせた教育の場や職を一緒になって創り出したいと思っている方
・社会的に何か貢献をしながらも、田舎で生きたいと思っている方
・ヴィーガン・ベジタリアン志向の方
・僧侶になりたい方

海の見える畑で自然農

海の見える畑で自然農

お寺からの眺め

お寺からの眺め

住職秘書も募集!

多忙な日々を送る、移住住職でもあるオーナーの山田靖也(黙鐔もくだん)と行動を共にし、「生きるとは」を感じながらも充実した日々を送る修行プランもあります。

〇こんな方へ
・僧侶になりたい方
・本気で田舎で骨をうずめたいと望んでいる方。
・社会的に何か貢献をしながらも、田舎で生きたいと思っている方。
〇作業内容
・古民家や空き家の掃除・片付け
・お寺の掃除やお勤め
・福井県内の商品の委託店回りに同行
・畑作業や種どり作業など
・各種会議に出席
・輸入手続きなどの事務作業 など

量り売り商品販売中

量り売り商品販売中

お寺での法話

お寺での法話

イベント・ツアー内容

開催日程:2021年07月30日

所要時間:10:00から 8月10日11:00まで(10日間)

費用:ドネーション制。 ※布団が必要な方は別途かかります。

定員:5 人

集合場所:福井県福井市八ツ俣町 いただき繕福井越廼(こしの)前

解散場所:福井県丹生郡越前町梨子ケ平

スケジュール

☆基本的に期間中7月30日~8月10日までは
朝9:00~夕方17:00まで行っています。

☆参加方法は?
⑴ 家族で日帰り参加 
※近くには浅い川、貧谷の滝など散歩もできます
※何名様でも◎

⑵家族で宿泊参加
※そらしど荘で雑魚寝泊
 1日限定先着二家族まで
※布団ご希望の方は別途3500円

⑶ガッツリ最初から最終まで参加
※根気、本気、体力ある方優先
※先着3名様
※調理補助、運搬係、諸準備

☆費用は?
野外活動のため未定です。
ご参加頂いた範囲で感じた額をお布施袋にご用意お願い致します!

☆食事は?
◎海藻、豆、雑穀ブレンドのごちそうご飯元精穀
◎手作りふりかけ、佃煮、漬け物を中心としたオリジナル精進菜食メニューです
肉、魚、動物性食品の持ち込み、差し入れは遠慮させて頂きます。
※完全予約制です、事前にお知らせください。

☆日程は目安です、期間は進行状況により伸びる可能性もあります。

越前町
山田 靖也が紹介する越前町ってこんなところ!

私の住んでいる越前岬近くの八ツ俣町。

◎人里離れた山の上にある限界集落。
かつては100人以上住んでいたというこの集落も、今や住人はほぼ0人。
しかし、その昔の繁栄ぶりの面影を残す、立派な築120年の古民家やお寺が残されています。また、6件の古民家が、ぎゅっと凝縮して残存している、とても珍しい集落です。

◎ロケーション
日本海が一望でき、振り返れば山々に囲まれた地域。
海と山を一度に堪能できる場所。近くには日本海を一望できる絶景スポット有。
圧巻の元千枚田、海に向かって伸びる元棚田も近くに有。
滞在する人達を非日常的世界へと取り込みます。

◎可能性
こんな素晴らしい場所ですが、確かに不便なこともあり、過疎化著しい場所でもあります。
しかし、空き古民家も沢山あり、耕作放棄地も沢山ある。。。見ようによっては宝物が沢山あるように映ります。
そう、古民家には昔ながらの道具、古材がある。耕作放棄地には自然なりのみかんや栗や梅の木がある!
私には宝物に見えて仕方ありません。

山田 靖也
大森山善性寺 住職・いただき繕福井越廼 代表
1979年愛知・名古屋生まれ。 東京の大学卒業後、新聞社に就職。在職中、「何のために生きているのか」という思いが捨てきれず、3年目にして退社。 四国お遍路・カナダ留学を経て、「生きる力」を実に着けたいという思いで農に興味を持つ。帰国後、福井にて自然農に出会う(2006年)。 その後、北海道美深、イタリア、イギリス、スコットランド、アフリカ・コンゴ民主共和国などで開墾作業・自然農栽培などに携わる。 帰国後、2014年より超限界集落の八ツ俣町の古民家にて、主として①ヴィーガン(ベジタリアン)料理の提供と②無添加・無農薬の自然な食料加工品を販売する「いただき繕福井越廼」を開業。 さらに、古民家の魅力を発信するべく、農家民宿も開業する。 2015年、隣集落にある浄土真宗のお寺に参拝し、その時の法話を聞いたことがきっかけで仏道を志すことになり、2016年6月に得度。 2017年9月、後継者がおらず、寺院解散の危機であったお寺(善性寺・越前町宿)の住職に就任。 見渡せば、空き家だらけの越前海岸地区。しかし、その空き家はこの地区の宝物だと確信し、空き家ツアーなどを数度行う。そこに越前町の地域起こし隊が参加したことがきっかけとなり、2019年10月に空き家率が高い越前町・宿地区において、空き家の活用法を提案した「しかうら古民家マーケット」を開催。空き家に30ものお店が並び、住み方ワークショップなども実行。二日間で延べ1000人以上を集めた。 現在、越前岬地区で、まだ住める見込みのある空き家・空き古民家を借りる・譲り受ける・情報を把握する、をし、今後こちらに移住希望される方へ橋渡しできるように奔走中。
23
※興味あるを押したあと、一言コメントを追加できます。
icon
夏真っ盛り!暑いですね!!夕方ごろでも?大丈夫ですかー?
興味ある人をすべて見る
icon
訪問しました!
移住決定しました!

地域の人に応募したい意思を強く伝えることができます。

押したあと1対1の非公開メッセージを開始することも可能です。

{{WANTED_TEXT}}